チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年11月29日

トラブル続発、低音ならず環境@市川りぶる

低音環境 不破大輔b 西村直樹b 高岡大祐tuba

前日の楽しみを引きずってどうしようもなく焦る朝の出発。
バスにぎりぎりセーフで乗車。危なかった。
席についてやっと落ち着く。
この後に待ち受ける災難も知らずに・・・。

とにかく昼過ぎくらいまでバスの中で寝まくる。

昼も随分すぎてバスのインフォメーションが不穏。
「東名高速集中工事とそれに影響します渋滞、
 さらに現在起こりました事故による渋滞で・・・」
3時前くらいの時点で2時間くらい遅れているとか。
ぎゅええ。
慌てて不破さんにメールをして、どうしようもないのでともかく寝る。

起きると渋滞はさらにひどいことになっている模様。
工事で車線規制しているところに事故→道がない。

とんでもない遅刻を予想。
夕方5時台か不破さんと連絡が取れた、メール。
「クラッチが抜けちゃって、車が動きません、参った」
高速道路の不破カー
ぎょええええ。

聞くと高速道路途中でクラッチが抜けて(車知らズの僕にはよく分からない)
立ち往生。
このまま行くと、低音環境、二人ともおらず、か。

いろいろメールしまくり、休憩のPAでは電話連絡しまくり
なぜかこういう時に限って店には人がいない。
マスターの御宅に繋がると7時半まで誰もいないとのこと。
これまた参った。

不破さんからのメールで今日は着けそうにないということ。
慌てて思いついたベースの西村さんに連絡すると、
「8時半くらいになるけど行けます」
頭上に天使の輪が見えます、西村さん。

もう焦っても仕方がない、とは思うのだが、
これだけ動かないと焦る。

東京都に入ってからも全然駄目。
渋谷付近でまた全然動かない。
もうこの辺で変に落ち着いてしまう。

東京駅に着いた時には3時間半くらい遅れている・・・。
慌てて総武線快速に飛び込むが、市川駅に着いたらもう9時過ぎてる。
もういろいろと駄目かなあ、まあ死にゃあせんよな、と半ば諦め。

りぶるの階段を上ると、ドアあける前に、おお、素晴らしいベースソロ。
しかも合流したらやろうと思っていたsong for che。もうやってしまったのね・・・。
ドアをあけたらもうそこは西村さんの世界。
お客さんの顔には 「看板に名前があってももうお呼びじゃない」
と書いてある。失礼しました。

そのまま四方八方に頭を下げて参加させていただく。
Fのブルースを、というだけの指定で僕的には
オーネットコールマンのwhen will the blues leaves?
最初からサイズもコードも伸び縮みする素敵なベース。
そうそう、こんな風にしたかったブルース。

西やんはもう既に30分もソロしていた模様で(うわあ)
なもんでここで休憩。

休憩後にもうここは即興演奏で。
途中で物凄い抽象度高い具体音ぽくなったところがあってとても好きだ。
そういえば僕、旅から帰国してから純粋な即興演奏あんまりやってなかったのでは?

最後に板橋さんの名曲good byeをやって終了。

西村さんに篤くお礼。
マスターにこころの土下座ー。
不破さんの車は入院することになったらしい。

最後に何より心配だった「行ってみたらお客さんが誰もいなかった」
という事態だけは避けられて良かった。

帰る途中に西村さんとお弟子の戸川君と三人でラーメン。
魚だし濃いのでうまかった。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。