チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年11月17日

渋さ旅初日@京都拾得

不破大輔b片山広明ts小森慶子ss,as立花秀輝as北陽一郎tp高岡大祐tuba
中島さち子key大塚寛之g倉持整ds
早朝に多賀SAに到着。仮眠室のある風呂に入る前に寝入りばなの朝食。
僕持ち込みの日本酒一升瓶の残りを回し飲み。
SAの食堂に一升瓶があると迫力があってよい。
jittoku  jittoku2  客はけそのまま朝風呂に、他に客も居ないので久々に湯船で読書。
仮眠室で就寝。
起きたら集合の14時が近い、慌てて出て昼食を軽く。
そのまま京都拾得へ。
関西在住なのに年1回くらいの渋さでしか出ていない、とほほ。
今回のツアーメンバーには何人か初参加も。
チェック終了後、毎回行く食堂キャプテンへ。
今回の面子は深酒呑みが少ない。僕とさっちゃんと片山さんだけ飲み。
呑みよりも食いすぎか、膨れた腹を抱えて会場へ戻る。
満腹感いっぱいのままステージへ。
お客さんはいっぱいでほぼ満席。素晴らしい。
生音がよい拾得ならでは、PAにも無理がなくスムースな感じ。
コミュニケーションもとりやすい。
僕は珍しく下手位置なのでスピーカーも近くよく聞こえた。
拾得は住宅地の真ん中にあるためライブは21時半まで。ぴったり終了。
ツアー滑り出しは上々の手ごたえ。
軽く乾杯の後、僕は帰宅のために出発。
どうも駅までの距離感がなく、店員に聞いて最寄り駅目指すも、
余裕もって出たはずが全然着かない丸太町。
おかしい、歩いて20分のはずが箸って30分近くでもつかず。
後で分かったのだが違う丸太町を話していた模様、きっちり遅れる。
片手メクラ(おいおい変換できないぞ、盲)打ちの
携帯駅すぱあとで数々の終電を検索する、
50分近く走ったり歩いたりで。
結局大阪方面に向かう本当の終電、阪急正雀行きに乗り、
大山崎という初めて知る駅で下りて、
JR山崎まで歩き、そこからまた終電で大阪駅へ。到着は1時。
勿論交通手段はなく、ええい、やけくそだこんだけ歩いたから
もうちょっと歩いてしまえ、
とばかりにひっさびさの大阪徒歩帰り。チューバ預けてて良かった。
途中何度かコンビニで燃料を補給しつつ、休まずに歩いて大体1時間半。
中々に疲れて寝酒かっこんで就寝。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1104044
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。