チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年11月25日

渋谷の地下にて

DIVER:松本健一ts田村夏樹tp高岡大祐tuba ゲスト:臼井康浩guitar (from 名古屋)
この日は久々のDIVER
主催の松本健一さんのイベントの「渋谷時代
場所は同イベント恒例の場所で公園通りクラシックス
公園通りクラシックス僕は初めてで周囲の人たちから「分かりにくよ〜」と言われていたので
地図でも確認して向かう。
渋谷公園通りを上って行くと山手教会という建物に、その地下の駐車場のさらに奥という
なんだか秘密めいた感じの変わった立地。アングラである。
お店はこざっぱりしていていい感じ。
この日はゲストに名古屋より臼井さんが参加。
簡単なチェックの後休憩を経て本番。
松健さんが良くやっているので勿論音はいい感じの場所。
アコースティックで小さい音も響きやすい。
1部はDIVERの三人で。
なんだか田村さんの音が凄い。揺れるような音色に聞き入る。
僕はと言えばいつものように新しい音の追及にのめり込めない。
「調性禁止」「メロディー禁止」「リズム禁止」のDIVER、
今僕がやりたい新音色は結構はっきりと原音が出てしまうので、
ともすれば調性感が出てしまう。これが厳しい。
この日はこのことにとらわれてしまい、抜け出せない感があった。
その分、他の人の音は素晴らしく聞こえる。
臼井さん参加の2部もそうで。
終わってから、原音がはき利していてもそんなに調性感は出なかったかもしれない、
などと思い、学ぶことしきり、の打ち上げ。
別れて富山のベンちゃんと待ち合わせ。
久々にチャン亭へ。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。