チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2006年01月21日

Shinjuku New Year Jazz Festival 2006 @新宿厚生年金会館

不破大輔(ダンドリスト)片山広明, 広沢 哲,佐藤帆(Ts)川口義之,小森慶子,立花秀樹(As)鬼頭 哲(Bs)北陽一郎,辰巳光英(Tp)高岡大祐(Tuba)勝井祐二,太田恵資(Vn)内橋和久,斉藤良一,大塚寛之(G)中島さちこ(P)芳垣安洋,倉持 整,磯辺 潤(Ds)関根真理(Per)ペロ(Dance)東洋・しも・ちえ・まゆみ(舞踏)渡部真一(act)田中篤志(PA)べにどん・青健(映像できズper)

起きると妙の外が明るい、雪だ。
それも珍しく積もっている東京。
足元に気をつけ新宿へ。
厚生年金会館ははじめてだ。
今日はピットイン40周年記念コンサート初日。

どうやら重機舞台の入り時間と勘違いしていたようで
30分の遅刻かと思ったら30分早くついていた模様。

ケータリングコーナーを見るとちょっと信じがたい量の酒類が。
これは見るだに恐ろしい。
ウィーンから飛行機で直接、時差ぼけ押して内橋さんも到着。

<カメラ不調につき画像悪し・少なし>

P1031740.JPG P1031741.JPG P1031742.JPG

三々五々揃ったらセッティング、チェック。
背後のスクリーンはでかいが渋さ映像班が操作しないようだ。
定価千円豪華パンフ掲載の写真などが流れる。

チェックは難航、モニターの帰りも前音も。
途中で我らが兄貴に切り替わり何とか事なきを得る。
それでも妙な感じは残るが。

僕らはトップバッター、持ち時間は45分。
トップの理由はセッティングのややこしさからか。
各種挨拶の後にホーンの循環吹き延ばしでステージへ。
その後、静かにひこーき。
続いて股旅、この中身は最近良くあるカットアップ、組み合わせ系。
短い時間のためか不破さんのダンドリもスピードアップ。
太田さん、vlnソロ行くかと思ったらヴォイス、渋さを連呼。
なんせ45分、あっという間である。仙頭で終えてステキチ退場。

この後は膨大な鑑賞時間が残されているのだがそれにしても膨大。
まあ昼早いが仕事終わりだしいいか、と軽くビール。
周囲は早くも始まっている様子。
出演バンド数が多いため楽屋は引継ぎ明渡し、
荷物を隅にまとめさせて貰って、僕らも隅に、ではなく
部屋の半分を占有してしまい、車座に宴会が始まる。

後では行ってくるのは大友さんのバンドONJOである。
顔見知り多く挨拶飛び交う。
しかし部屋の向こうに漂うハイソサエティーな香りに引きかえ
こちら半分からは飯場のような、そこまで行かんでも劇団野外打ち上げの様相。
見えないブルーシートがこちら側を被っている、なは。

渋さの後には錚々たるメンバーが出演続く。
三好サンキチバンドには仙波さんがおられた。
昨日仙波さんのCD中古馬鹿安でゲットしたので目が見れない。
が、プレイは最高。もち。

続いてのKIKIバンド。
このバンドが音で一番割を食った感あり。
ロック的サウンドにはさっぱりむいていないここの設備。

pain killer三日連続の鑑賞。
ドラムは吉田さんで近藤等則氏と大友さんがゲスト参加。
袖で聴いた音はやはりスカスカでちょっと聞けない。
ステージ中も大変なのだろうと思われる。
これもこの会場には向かないなあ、惜しい。

んでもって個人的にとても楽しみにいていたONJO。
これは客席に空きを見つけてちゃんと着席で見た。
僕らもいつもお世話になっているGOKサウンドの近藤さんがメイン卓にいるということも
あって、今回の中で一番聞きやすい。
sachiko Mサイン波も宇波君のスピーカー楽器もかそけきではあるが(これはサウンドの持ち味)
ちゃんとしたところから聞こえる。
サウンドがまろやかな部分が多くて、早起き寝不足飲酒がきいてついうとうとした場面もあるが
これは気持ちよいからしょうがない。
高良さんのヴィブラホン弓弾きは初聴き、いい音だ。
アルフレッドハルト氏、おんもしろい、豪快。
菊地氏、うまい。カヒミ氏、なるほど。
石川氏の笙と他の楽器の響きがどう調和するかも聞き所で、
調和はともかく、このバンドを聞いていると、今どうサウンドしているか、
というのが僕にとっての最大の聞き所。
すごい感動、とかそういうことではないが、楽しみにしていたのもあり、
聴けてよかった。

ここでもう耳に繋がる部分がおなかいっぱいになってきてしまった。
酒も合間見て結構飲んでて飲み飽きて珈琲に切り替えたくらい。

ある程度八向山(山下洋輔さんと向井氏、ヤヒロ氏に幾人か)を聴いて
この時点で10時間ほども外に出ていないのを自覚し、こっそり退散。

後には大阪から来ていた友人と合流、
そうすると不思議なもんで飲み飽きた酒がまたうまくなる。
味わってうまいの、飲んでなかったんだな、さっきまで。
うまし、雪見酒。
posted by daysuke at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12193969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。