チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2006年01月28日

関島岳郎+高岡大祐@市川りぶる

関島岳郎tuba 高岡大祐tuba

2時間睡眠でバスへ、上京。
車内はそこそこ寝こける。
富士山がとても綺麗だった。

りぶるは昨年27日のキャンセル以来久しぶり。
あの時倒れたマスターが独りで店を切り盛りしているということで
驚き。
相当調子悪いでしょうに。

今までの曲の貯金が多いのでリハはどんどん楽になっていく。
関島さんの新曲を一曲追加。
味わい深い。

いつも大変なのは曲順きめ。
これに結構手間がかかる。

慌ててギリギリに帰るとまたお客さんがいて、ほっ。
そんなもんなんですよ、日々。

図らずも(図れよ、ねえ)関島さんのオリジナルが3曲続く。
面白いんだよなあ。

最近周囲で話題の差音、差音話の中で
ローインターバルリミットというのがあって
http://www001.upp.so-net.ne.jp/bottom_keepers/v3.0.1/l12_lilandrange.html
まあ詳しくは言わないけれどこういう常識的な範囲でやってはいけないこと、
すなわちそれはチューバデュオ。

二人でやってるのに明らかに二人分より重厚な音になること請け合い。
これを濁りと捉えるか面白い音響特性と捉えるか。
僕は勿論後者。

やればやるほど面白いのです。
次は2月10日。
http://www.bloc.jp/daysuke/
posted by daysuke at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12936709
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。