チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2006年01月30日

小沢あきオーケストラ@新宿ピットイン

小沢あきオーケストラ:小沢あきg バッキーas 忍田耕一tb 高岡大祐tuba 
永田雅代(p) ボンバー ドラミ(唄)


久々の昼ピ。
浜松のホテルに弾き語り仕事で2ヶ月も単身赴任していたボンバーとも久々の再会。
このオケ、毎回作曲ものだったり即興だったりいろいろ変わる。
今回は図形楽譜の作曲もの中心。

どう解釈していいのかなあ、と思いながらも
思ったようにやってみる。
全体的にふわーっとした印象。

tubaのピストンの調子が猛烈に悪いので
3番ピストンをほとんど使わずに演奏するという難行。

終演後は渋谷のクロサワウィンドに駆け込み、
いつものように腕っこき、小畠さんのお世話に。
もう東京では小畠さんなしでは僕の楽器はやってけない。

さらにその後楽しみにしていた
内橋和久g 千野秀一moog サムベネットdsの
トリビュートP-FUNKを見になってるへ。
びびる、たまげた。
めちゃくちゃいいわ。
1部で苦情、2部始まったら音圧で壁の絵が落ちるど迫力。
1曲もカバーしないトリビュートの肝に感嘆。
posted by daysuke at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。