チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2006年02月04日

渋さ知らズ@六本木SDX

不破大輔ダンドリスト 片山広明ts 小森慶子ss,as 立花秀輝as 川口義之as,harm 佐藤帆ts
北陽一郎tp 鬼頭哲bs 室舘彩vo,fl 中島さち子key 高岡大祐blowbass 関根真理per,vo 
ツノ犬ds 磯部潤ds 東洋組(東洋・しも・ちえ)舞踏 べにどんper 田中篤史sound 


渋さ知らズ@スーパーデラックス
早めに入ると田中さんがセッティング中。
いつもと何かが違う、ジョイスティック?
これ何?
サラウンドコントロール?
真ん中のお客さんだけが味わえる快楽だ。

SDX1 SDX2 SDX3 SDX4 SDX5

(写真復活、旧機種に戻ったため画質はそこそこ)

今日はベースレスで僕がベースのblowbass。
それ用にセッティング、スピーカーとヘッドアンプは不破さんのもの。
どうやら勘違いか、ギターがいない編成に。
この規模でツノ犬さんは久しぶりだ。

不破さんは2匹の犬を連れて登場。
出演者だろうか?

またしても空前に満場。
どういうこっちゃ?

1時間ずつの2部制。
渋さでblowbassは久しぶりだ。
コントロールが極めて難しく、異常に消耗するので
体力的にも精神力的にも準備が必要。

循環呼吸をこの音量でやるのはやはり厳しい〜。
大排気量の車の慣らし運転のようにエンジンが暖まるのに時間がかかる。
肺と心臓がエンジン?

ツノ犬さんがいるのは心強い。
何をするか分からないドラマーがいるとワクワク度はアップする。
基本的に今日のドラマー、二人ともヤンチャ。

この日の白眉は舞踏、東洋組。
照明や島舞台の効果もあいまって、ステージから見てもとても美しいのが良く分かる。

帆とさっちゃんのデュオ、ひこーき、グー。

SDXでblowbassやるとやってしまう、チューバメガフォン。
あれ、見た目に面白いだろうなあ、と、労力より見た目。
渋さとかだと、ミュージシャンも見た目に面白い方がよいかと思う向きもあるので。

首の後部と肩に異常な緊張がかかってくるblowbass、
やばくなってきたら首の筋肉への負担を減らすために少し下を向いて演奏すると
よい事に今日気がついた。

犬2匹は出ず。
大団円。
メンバー紹介で初めてblowbass、といわれたのが実は嬉しかった。

終演後は美味しくビールで乾杯。
かー、うめえ。
労働量多いですからね、それに比例してうまい。

このまま六本木で朝までコース。
とはいえ、舞踏家たちと、貧乏コース。

posted by daysuke at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13132133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。