チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年12月15日

今年最後のエアジン渋さ

不破大輔b片山広明ts立花秀輝as室舘彩vo,fl高岡tuba須賀大朗p中島さち子key
関根真理per大塚寛之g倉持整ds
今年最後の15日恒例渋さ@エアジン。
常設メンバーである鬼頭さんは今回お休み。
ホーン少ないなあ、と思っていたらあやちゃんが登場。
おほほ  真理ちゃんシェイク昨日まで大ツアー終えて、くたばってるかと思ったら意外に元気。
サウンドチェック、すっきりしてるのはさっちゃんのモニター音を切ったから。
「なんでいじめるのですか?」とはさっちゃん弁。ちげえよ、
あんたがいつも俺たちをいじめてるの!
さておき、二日酔い後で胃腸の調子が良くない、
自炊できる環境ならそれで整えるのだが、
旅中はそうもいかず、ええい、ちょっと贅沢して夕食だ。
馬車道角の中国料理・味雅へ。ここ、初めて教えてくれたの大原さんだったなあ。
ここに来たら僕は決まっている、しいたけそば だ!
茸大祐
干し椎茸の戻し汁と戻した椎茸がふんだんに入っているこれは大大好物。
900円払える1品である。上品なスープを酢でといた芥子でお好みに。
内臓が休まり力が湧く。汗かきかき。
元気百倍茸男で戻る。
この日のライブは難だかコミュニケーション過剰で、暑っ苦しい中、
ステージ客席双方に笑いと拍手の絶えない面白いものだった。
なんか僕が入ったころの匂いとかした。
ドラムの我らが植木整は、何かの殻を脱ぎ去ったような目を見張るプレイ、
ギターさるへんはなんだかジャズギタリストみたいなアプローチして大受け。
大朗君はパーカッシブに。管楽器ブロウブロウ。
僕はといえば…、ちょっとこの日はやっぱりマイクがなくて苦しかったかなあ。
音量全部あっぷあっぷで演奏すると表現力の幅は猫の額のように狭い。
これで出来るときもあるのだ。精進が必要。
終わった後はまたしてもあの高校生ナーダムを。
渋さのみんなにも受ける受ける。
さあて明日は富山だ。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1342498
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。