チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年12月22日

初稽古の日

この日は本当は小野章松健トリオ@なってるハウスのはずだったのだが、
事情により日が一日ずれるということで予定変更。
1月8日に出演する「黒鯛」の芝居「しゃば・だば・どぅ」の稽古
@三軒茶屋某所に出ることに。
★黒鯛2005★公演の詳細はこちらから!
諸般の事情で直前まで台本を手にすることができず、
前日から当日の朝まで首っ引きで読んでチェック。
思えば芝居に出るのは久しぶり。
バンド時代に劇団新感線の若手たちとでた「夏休み」や関西落語家など
異能集結した忠臣蔵の
「吉良ものがたり」など。舞台に役があってでたのはこれくらいか。
黒鯛の主催の和泉ちぬさんとは2年前に飲み屋で知り合った。
誰かの誕生日でお祝い演奏した後にそこら辺のもの使って音出して遊んでいたら連絡先交換して、ちょうど2年経った今年に突然初連絡。芝居はどう?すぐOK。
前回の音楽家出演はは佐藤允彦さん、その前は坂田明さん、
始めの方はあのKOBAがやってたとか、
なんで僕やねん???
まあ「感」らしい。
ストリートシアターの沼田さんが演出関係で協力している、彼と会うのも久しぶり。
あらすじは本番のために詳しくは言わないが「自分を好きになれない人たちの話」
僕の役どころは「コミュニケーション障害ぽい芸大出の囚人・少々ホモ風味」という限りなくリアルなもの。
久々に台詞があるのだ。舞台にはかなり出ずっぱり。
3日公演のうち中日の2公演が僕で、他二日はかりんさんという25弦筝の女性が同役で。
性別も年齢も楽器も違うのに同じ役、というのはかなりやりがいがある。
この日は僕はかりんさんが当たっているので自己紹介と見学に。
いずれにせよ稽古に出れるときが限られているので見聞き逃さぬようにチェック。
いろいろなアイデアが生まれてまとめていかないとなあ。
終了後は皆さんと近所の居酒屋で歓談。
味噌鍋にバターを入れるアイデアはなかなか良いなあと食事はぐはぐ
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1399639
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。