チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年01月14日

不思議素敵店で夜長なライブ

DAコンバータ:鈴木新(ss)高岡(tuba,風船)
久しぶりのアルニカ。そして同じくお久のDAコンバータ。
渋さの古参メンバー鈴木新君とのデュオ。daysukeとalataの頭を取ってDA。
彼は機械系とかにも大変造詣が深くそのあたり含めてコンバータ。
デッドオアアライブって話もある。
新ソロ
HPもなくなっていたのでお店もないのかな、と思っていたらそうでもない。
開店が遅いので入りも遅く21時台。
ピンク色が激しいお店、名物店長ブッチさんもお元気そう。
店の真ん中にはガネーシャのパネル、と思いきやこれスピーカーなんですよね。
びっくり。
ガネーシャスピーカー
もう何人かお客さんも。
前回までのDAはエレキセットで、このお店には設備がないからなんとか持ち寄ったりしたけど、
うまいこといかない面もあり、めんどくさがりの僕もそうじゃない新君も「今回は生まで」。
これが功を奏し(いい言葉ですね)、即興中心のデュオは思いのほか伸びやかに楽しく。
渋さくらいでしか共演していない彼のまた違った一面も見れて興味深い。
すっごい適当に、その辺に転がっていたジャズの絵本みたいなのに付いているおまけの楽譜を見て
スタンダードを淡々とやったりする。
ソロのコーナーも設け、新君はなかなか正当なフリージャズ、といった感じ、
僕はあれですよ、風船チューバ。1部でやったら2部で来たお客さんのためにアンコールまで頂く。
ほ〜ら、やっぱり面白いのだ、これ。
他にもお客さんのりこさんがジャズボーカルを習い始めたということで1曲伴奏する。
ブルームーン、可愛らしい歌声でライブにコントラスト。
ライブ通して面白い。なんだかゆるい雰囲気とあったかい感じ。
終わった後は終電もないのでお店で始発まで談笑。
とんでもなく音楽詳しいブッチさんがまわすDJ、踊る客。
近々なくなってしまうというこのお店、残念だけどなくなるまではご一緒したいもの。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。