チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2006年04月03日

ライブ@六本木スーパーデラックス

□ 恩田晃 (analog cassettes) + 八木美知依 (koto) DUO
□ 藤乃家舞 (bass)+高岡大祐 (blowbass)+ツノ犬 (drums)+itoken (drums)
□ カリフォルニア・ドールズ


この日はスーパーデラックス企画でライブ。
僕は藤乃家舞さんとイトケンさんとツノ犬さんのカルテットで。
初めて自分で書く以外のクレジットでblowbassと表記され密かに嬉しい。
舞さんとはここで知り合い、イトケンさんとは随分前から知己を得たものの
今回が初共演。ツノ犬さんはいつも毎度。

八木恩田リハ ツノ犬@超豪華 恩田カセット 舞楽器 カリフォルニアドールズ

3時入りという早い時間。
僕は店のベーアンを借りる。
今回は真空管アンプの修理が間に合わなかったためにかわりに
コンデンサーピックアップマイクを使う。
エフェクターはなし、直球。
アンプはなかなか使い勝手が良いがここは音が響きすぎる。
お客がたくさん入って音を吸ってくれること希望。
ドラマー二人に挟まれる低音二人。
舞さんは多数のエフェクターに自作謎弦楽器やワイヤレスまで使って
ギミック多数。低音から高音までしっかりカバー。

しっかりチェック(というか腕鳴らし)やった後は結構たっぷりな時間。
少しもてあまし、両ドラマーと中華屋へ。
ここは超豪華に来た時には必ず来るお店、100円から高級中華まで
なんでもあるし24時間営業。
音楽談義に花が咲きテーブルを皿が舞う。
打ち上げの前祝か、というくらい食ってしまった。食いすぎ。

消化がてらに戻ってライブ鑑賞。
トップはカリフォルニアドールズ
パンクで歌謡な幼女テクノというか。

次は恩田晃 (analog cassettes) + 八木美知依 (koto)
どう考えてもこの人たちがメインな気がするのだが今回の企画担当の
マイクは里帰りで不在で分からず。
八木さんは2つの筝を操り弾きは勿論、ボーイングや棒等いろいろ拡張。
注目の恩田さんはウォークマン片手にテーブルにはたくさんのカセット、
ディレイなどエフェクターをシンプルに繋ぎベーアン鳴らし。
カセット、というところで僕にはもうたまらん音。
異様に生々しい、どうやらフィールドレコーディングのようなものが
初期HIPHOPを思わせるようなスピード感を伴って刻まれる。
ストリートな感じがして僕は好きだ。
聞くのに集中力は必要だが。

そして僕ら。
特に書くような内容はないのだが、みなで遊ぶ。
ツノ犬さんの音が少し遠いが慣れているので音量がなくても演奏は分かる。
僕に近いイトケンさんは小ぶりなドラムでタイトな演奏。
結構クラブっぽいアプローチがあって嬉しい。
舞さんは音域全般。結構メロディックなアプローチからノイズまで
こちらも全般。
僕は結構シンプルにビートを回す方面に。
こうすることで本来ドラマーがやる役割などを担ってみた。
変則的な奏法も比較的多様。
ただやはり舞さんの音域とかぶるとこころが多くて不明瞭になりがちなので
そういうときには思いっきり帯域同じあたりでアプローチして
変な音場を作るように心がけた。
予定を少しオーバーする熱演。

やっぱ暑かったお疲れ様。
なまら苦いビールというのをせびって貰う。
こんな六本木値段は出せんわ。ごめん。

しかしこの店のお客は演奏中にどんどん帰りはる。
まあ帰らせるほうもアレだが、終電に勝てないのが辛い。

そして酒買うときは六本木値段でも払われる時は寿町値段。
しょっぱい。

まあ楽しかったから良い面もあるが。
甘い汁がたまには吸いたい。
posted by daysuke at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。