チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年01月20日

★各種即興興奮の夜★

ROHO(山口コーイチpiano 大島輝之guitar 海道雄高bass)
DIVER(松本健一sax 田村夏樹tp 高岡大祐tuba)

またしてもか、寝不足がたたる日。
昼間をどのように過ごしたかよく思い出せない。
渋谷へ向かう。今日は久々のDIVERだ。
途中人と会い、先日の酔っ払い中の記憶を補って貰ったり、
叱られたり本意を聞き出されたり、いやあ、冷や汗3t。
そしてクラシックスへ。
松健さんの日記にもこの日のレポがあります。 ROHO
今日は対バンあり、ROHOというバンドと。
サウンドチェックは立ち位置確認くらいの意味しかなく。
最初はROHO、ピアノは山口さんギターは大島さんベースは海道さん。
大島さん初のラップトップを通したギターのサウンドが真っ当にかっこよい。
かっこよいがかっこよすぎ。惜しい〜。
ピアノの響きもベースの響きも良くて気持ちのよい即興。
ただ異常な寝不足の私の身には、すみません、気持ちよさも手伝って
途中寝てしまいました。反省。
起き抜けの様な状態でDIVER。
いつもより松健さんと田村さんの音をきくことが出来たように思う。
僕のやり方は彼らの音を聞いて、そこである一つの特殊なテクニックを試し、
それをやれる限りのやり方でやり通し、やることが尽きたら次のテクニックへ行く。
メロディー・リズム・ハーモニー禁止という音楽三重苦の中でやるのは
意外と楽しいのです。
この回では結構リズミックなところも、そして珍しく音量の大きいところもあって
なかなかの新展開。
リズムといっても所謂、な感じではないし、ラウドといってもそんなにではないが、
このトリオには珍しい、くらい。
僕は最近研究中の気息音のバリエーションを試している時に、
息の流れとアタックが合一した時に、新しい音の感触を感じることあり。
これはかなり嬉しい、DIVERならではの瞬間。
これを生かして僕は新奏法を作り上げるのだ。
2セット目は最近凝っている風船チューバ。
よし、tubaloonと命名しよう。
これも今まで試した中で一番サウンドしたと思う。
うまく音が出た、というよりはバンドのサウンドに鳴り得た、という意味で。
DIVER後は短い休憩を挟んでROHOとDIVERの6人で。
ラップトップから離れた大島さんのギターは彼特有のサウンドが出て
この中でとても特徴的に響いていた。
今日もまた発見があった。嬉しい。
そのついでに渋さ映像担当某氏と呑み。渋谷にこんな良いお好み焼き屋があったとは!
粉モノ本場生まれ育ちの本領をいかんなく発揮させていただく。
外側はさくさく、かりっと、中は蒸し焼きに。これ基本。
後は内緒。見てた彼と渋谷名物の局部的名前の女子だけが知る秘密。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1680314
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。