チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年01月21日

嬉しい音との出会い

小沢あきオーケストラ
小沢あき(g)辰巳光英(tp)忍田耕一(tb)高岡大祐(tub)田ノ岡三郎(acc)永田雅代(p)
西村直樹(b)ポンバードラミ(唄)閔栄治(チャンゴ、テグン、テピョンソ、ケンガリ)

朝起きる、これがまた猛烈というか、かつてないくらい体調が悪い。
体中が痛い、後頭部がしんしんとする、頭を振ると脳が頭骨に当たっているのかと思うような。
今日はダブルだ、昼早いのだ、振り絞ってピットインへ。
小沢あきオーケストラ。
小沢・閔前回と微妙に編成違い、tbの忍田さんおらず、accの田ノ岡さん、そして韓国楽器演奏家の閔栄治(ミン・ヨンチ)さんが。
前回は丸々即興だったが、今回は数曲あり。
リハをなかなかみっちり。
小沢さんの曲はギタリストならではの感性でかかれており、調性とか音の移動が管楽器にはむずかし気味。
ちょい苦労するが、人の曲は身の肥やし、楽しむ。
閔さん、リハ時にはチャンゴという韓国特有の両面打楽器を中心に。
この民族楽器で驚くほど多彩なアプローチ。これは本番が楽しみ。
昼ピはお客が少ないことで有名。
でも僕はなんとなく出たいのは、初見のお客さんらしき人が多いのだ。
自分を知らない人の前でやるのは良い経験なり。
開演前と休憩中は楽屋にてごろりと英気を養う。
僕は前回より明確でないアプローチになりがち。
他の人がやっていることはその人の仕事で、僕はその場で他の人がやっていない
ことをやらねば、の娘。
今回のメンバー、曲、サウンドではそれを探すのに若干苦労した。
後、体力的な問題が大きく、吸奏するとぐらんぐらんするが、このサウンドはないので踏ん張る。
段々復活するに、そこら辺はゆっくり復帰。
いろいろあったのだが、日記に記憶を残すような余裕もなく、
ただただ大きく感動したのは閔さんとのアンサンブル、
実は僕は民族楽器に関して一時大きな関心を持っていたのだが、
西洋楽器と非西洋楽器の合奏に中に好みのものがあまりに少なく
(とはいえ膨大に聞いているので好きなのはあります、結構)
大抵は表面上の面白さ、探求を怠る怠惰さ、異文化コミュニケーションなんたら、
サウンドの面で追求できるものは全体から言えば数少ないように思っているのでして、
しかあし、今回の閔さんの参加、特に小沢さんとのデュオパートなど、
そういったものを何処かへ流すような意味深いサウンドで。
ぐちゃぐちゃの体でぐらんぐらんの頭、ともすれば集中力がぷっちいんと切れそうな
このときの僕でもがっつり聞けた。
そしてボンバーのある一声。
ディストーションというか、異常にノイズ成分の多い声、普通は超小音量でしか出ないような、
ある特殊な声を、マイク使用とはいえとてつもない大声量で、しかも恐ろしく長いロングトーンで
歌いきったのだ。
聞き入りすぎて、次のきっかけ全部見失いました。ごめんなさい。
馴染みのメンバー、初めての人合わせて感じるところの多いライブ。
終演後は夜の部の大友フェスのメンバーが続々と。
オフサイトの伊藤さんにご無沙汰ご挨拶。オプトロンが進化していた。
ああ、耳をここに置いて行きたい、などと後ろ髪惹かれつつも
昼見に来てくれていたベンちゃんと辰巳さんと公園時へ向かうの巻。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。