チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年01月22日

Organic Konfusion Vol.5@渋谷Gabowl

高岡大祐(tuba,effector) つの犬(drums,etc.) 酒井泰三(guitar,bass) 
熊谷大輔 (percussion, 絵本,etc.) ボンバードラミ(vocal)
後藤篤(trombone,effector) Seonious (human noisebox, tenor sax,etc.)
小沢あき(guitar) 桜井響(human beatbox) Sharlee(human beatbox) 
麻神(rap) Impulse (rap,human beatbox) DJ TA2RO (turntable)

起きると凄い寝汗をかいていた。
体調復帰の兆候だ。
そういえば頻繁に起きて放尿にも行き排出もばっちり。
起きて着替えてまた寝て起きて。
これでなんとかなりそうだ。
今日はHIPHOPセッションOKの日。
日頃交流のないHIPHOPシーンの演奏家と
ジャズや即興演奏に勤しむ僕らサイドの演奏家が
交流しつつ何か新しいものが生まれないか、
と模索しつつエンターテイメントするポップな実験。
瀬尾亮さんの日記にも詳細あります。

泰三衝撃爆弾  風船ドラマー  線香ドラマー
友人夫妻宅でゆっくり過ごす午後。
旦那様のもてなしは砂肝カレーとヘンリーカイザーのギター自慢ビデオ。
合間に作業もして、渋谷へ向かう。
7時前に着くと一つ前のイベントが終わったところのよう。
集まってきた面子とセッティング開始。
今回はgの酒井泰三さんが参加。
僕は一時ずっと追っかけてたデガショーや古くは(になるのか)IMAバンドなど
歴戦の演奏家。
あの事件から奇跡の生還を果たしたまさに不屈の男。
事件以前からお会いしていなかったので本当に久しぶり。
今回は常連メンバーの中にも移動あり、辰巳さんおらずボンバー入り、とか。
僕の身内ではtbの後藤篤君がベーアンとエフェクト携えてやってきた。
僕はMO-FXというマルチエフェクトとベーアン仕様。
サウンドチェックしていた時には既に音量のでかいセットが予想された。
どちらかというと上もの系というよりはリズム隊的な下もの形が多いため、
リズミックでコードの決まったセッションになることを予想。
ボンバーが呼んで来た小沢あきさんも飛び入り参加。
セッションの皮切りは泰三さんボンバーインパルス。
猛烈な泰三さんのロックフィーリング溢れるグルーブの上で。
HIPHOPというよりはほとんどロック。
時折聞こえるボンバーの細い高い声が僕には効果的。
こういうセットから始まったので否が応でも音量巨大目。
ほどなく名物になりつつある謎の夜間管理人から「寝れない」という苦情が。
管理人が寝る?はてな?まあこれはおいといて。
僕参加のセットも泰三さんとで音でかいとそれでやるしかなく、
未知の領域探るには少々やりづらい。
こうなったら、という感じで最後はぐりぐり。
状況に柔軟にいるやり方の一つだ。
1部はほとんど大音響といった印象。ちょっとあきる。
休憩を挟んで2部。
主催瀬尾さんの音量は絞りましょう、の掛け声あり、
生音でやった僕後藤君入りセットはこの日の中では一番楽しめたが、
少し保守的だったかな。あまり冒険はしていない。
いろいろと印象的なことは多かったのだが、多くて長くて、
多分たくさんの事を忘れている。
瀬尾さんと桜井君のおじいちゃんごっこみたいなのとか、
とてもイレギュラーで、面白かった。
まあ今回のイレギュラー大賞はつの犬さん。
行方知らずだなあ、あ、泰三さんがドラム叩いてる、
とか思ったら、食器ボールで照明を転がしたり、
ついには近所の照明を消してまわり(演奏中に)大量の線香に火をつけ
香りもうもうでのドラムプレイ!はじめて見たよ、そんなの。
HIPHOP勢の冒険は少なかったように感じたが、それでも勿論他にはないような音。
またいろいろ考えたが、こういう折角冒険できるところでは(自分の含めて)
共演者の音をよく聞き、その場で他の人がしていないプレイをしたほうが、
全体が面白くなると思った。
他の誰かですむのならば、その人がやればいい話であるし、
世の中ほとんどそんなもんだが、音楽はそうでなくても良いものであれたり。
ただの対話や会話でない、違う、ということで一緒に居れるもの。
共有とか共感ではなくて、一緒に居るために自分の居場所を探すこと。
こういう面白さがあるんではないだろうか。
だから(僕は)大音量でのセッションは出来ること限られるので結構苦手なのかもな。
終わってぐったり、でも楽しめた。
次にやりたいこともほのかに見えてきた。
次回は3月12日。昼間は上野で渋さやってのダブルヘッダー。
posted by daysuke at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
酒井泰三さんも見たくて絶対に行こうと思っていた22日だったのですが仕事でカンヅメになってしまっていて結局見に行けず本当に残念でした。
それにしても高岡さんのブログでの感想がいつも音に対する誠実さに溢れていてなんとも救われます。
「共有とか共感ではなくて、一緒に居るために自分の居場所を探すこと。」
うーむ、と思わずうなってしまいました。一緒に居るための自分の場所を探すこと。そういうことがきっと絶対大事なんですよね。
Posted by wanami at 2005年01月25日 00:11
wanamiaさんではないですか。
そういうあなたこそがガボウルという場を紹介してくれて、今に至る訳でして、現実の場を与えてくれた
ことが音楽的な場の提供に繋がっていますよ。
勿論大きく感謝していますし、
ミュージシャンや関係者はお店を含めた周囲の
サポートにもっと気付くべきだとよく思います。
その期待を裏切らないように、また大きく上回り、
希望を添えれるように邁進していきます。
Posted by daysuke at 2005年01月25日 16:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。