チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年05月22日

5/22manufacture@渋谷ガボウル

キャンドルブランド”manucandle”のオープニングイベント
manufacture
ライブ出演は低音環境(不破大輔b高岡大祐tuba)森本アリ(gameboy)口八丁(森本アリ・高岡大祐)

エントランス  テーブルキャンドル  キャンドルツリー1  キャンドルツリー2  ツリーの花  にょろにょろ  manucandles

さらに続きに口八丁・低音環境の鮮明な写真をアップしました。
(5/27 19:59) 口八丁  低音環境

関西での大きい目の企画は何度もやっているが、東京でこれくらいの規模の企画は初めて。
キャンドルブランドmanucandle(田中美咲・尚子)のオープニングイベントmanufacture。
美咲さんと僕で共同企画運営。僕は音楽担当。
3ヶ月弱の準備期間経てを客の動員、進行含めて予測が立たずでの当日。
急遽、出演予定だった室舘彩(vo)病欠のためプログラムは森本アリgameboyソロ、口八丁を挟んでの低音環境2stageとなる。
まずは搬入や会場セッティングに奔走。
スタートはアリ君のソロ。僕の大好きなgameboyだけの即興演奏。
一つ一つシーケンスを組んでいってどんどん変わる美しい調べ。
自然と体が動く。
休憩挟み低音環境、イベントの進行などがあるせいか、なぜか緊張している自分に驚く。45分と普段より短い目のセットなので、詰め込みまくった濃厚な演奏になる。
その緊張があまり解けないうちに1stage目は終了。
口八丁、普段は関西でマイペースな活動をしている二人組み、
お客の反応が最も読めないユニット。本人たちは至極楽しいことだけをやっている。
アリ君の掃除機演奏や最後の口琴デュオなど、他では見られない見せ場たっぷりの演奏。
僕がチューバを吹かないユニットはこれだけなので初めての東京公演、
見て面食らった人も多かっただろう。
さらに低音環境、当初の緊張は程よくとけ、エンターテイメント性の高いstage目。
18時から23時くらいまでの長丁場。
蓋を開けてみれば大盛況、初めて僕らのライブを見る人たち、初めてキャンドルを買う僕らの常連客、お互いの知らない物事が交流できたのが一番の収穫だったように思う。
1度で終わらせるには惜しいイベント。またやりたし。
後日、もっと美しく撮れている写真をアップ予定。乞うご期待。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。