チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2006年04月30日

sabacoセッション

高岡大祐blowbass 沼直也ds DJTA2RO ゲスト:黒田君(尺八)

久々のsabaco。
なんだか近隣にはスーツ姿の若者が多い。
シンカンらしい。

沼さんはなんだかスッキリしてた。
南アフリカに行ってリフレッシュしたとのこと。

僕はいつものハートキーのベースアンプを借りて。
沼さんはスネア新調。
久しぶりに再開するタツロー君はカオスパッドも使用。
彼は最近台湾とかにも行っている。
みんな国際派だ。

僕と沼さんはもうリズムをずらすずらす。
こうでなくてはいけないということがないから
もうやりたい放題。
タツロー君は前より少し元気だけどまだ少し大人し気味かな。

2部ではタツロー君が連れてきた尺八の若者もゲスト参加。
中々達者なんだけど、尺八独特のムードから出てこないのと、
キーが移らないのでどうしてもドローン的アプローチになってしまいがちで
上モノ的構造が動かなく下の僕らは苦しい。
民族楽器はこういう時に損だ。

一度仕切りなおしてまた3人で再開。
ミニマル的アプローチが得意そうなタツロー君に向かって
僕らはロック的ミニマルを展開。
これで乗ってきてなかなかいい感じに。

やはりびしょびしょになるまで演奏。
前日のアコースティックな演奏とは対極的な演奏だけど
この二つが今の僕の演奏の機軸であることを実感。

終演後はsabaco店主岡田さんと近所のプレイスへ。
ここもお世話になっているバーということで店主同士をご紹介。
話も弾む。

滅多に食べないラーメンも旨かった。
posted by daysuke at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。