チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2006年05月03日

移動〜渋さ知らズオーケストラ@心斎橋クラブクアトロ

渋さ知らズ:不破大輔ダンドリスト 北陽一郎tp 辰巳光英tp 小森慶子as,ss 立花秀袖as 川口義之as,harp 佐藤帆ts 鬼頭哲bs 大塚寛之g 斎藤社長良一g 中島さち子key 村舘彩fl.vo,dance オニ・ピカチュウvo 大田恵資vln 高岡大祐blowbass 関根真理per 倉持整ds 磯部潤ds 東洋組(東洋・しも・ちえ・たかこ)舞踏 横沢べにどんVJ 青山健一paint 田中篤史sound

まず集合は3日0時新宿。
出発前の景気付けで友人が直前にご馳走してくれる。
久々の馬鹿話に花が咲く。

バスに乗り込み、席は社長の隣。
これから0泊3日長旅の始まり。

心斎バナ 隊長のおせな ピカチュウon不破 P1044361.JPG P1044362.JPG バス見送り

バスはいつものより小ぶりだ。
僕は車内飲酒もせずに眠りに走る。

時々目が覚めるが途中から大渋滞の模様。
こちらはうつらうつら、ヘッドフォンの海の底。

朝方車内のタバコの臭いで目が覚め発狂。
起き抜けでコントロールの聞かない時間帯。
どなりちらす。
これでいいのか?
解体用羊の運搬車のごとく大人しい移動バス。
超不機嫌ヅラ

渋滞は続いているので名阪から大阪に入るルート。
これも・論混雑してはいるのだが。
途中で休んだPAが懐かしい。
この沿線には我が母校がある。

朝についていたら休憩場所にたどり着いたのだが
時間的に・・のため直接クアトロに行くことに。
到着したのは13時、13時間かかったことになる。
皆疲労の色は濃い。

変に時間が余っているので1時間強自由。
タムタムカンパニーにご挨拶に。

3時からチェック。
本当は3時入りだったので少し時間の計算が狂った。
僕のお願いで来てくれる事になったスペシャルゲストの登場にハラハラ。
チェックも終わるだろうかというときに到着、
胸をなでおろす。
あふりらんぽ の二人だ。
あふりらんぽ

渋さのメンバーは彼女らの事はほとんど知らない様子。
とりあえず簡単に紹介して入場。
今回はコーラスで参加願った。
前日にオニから電話が来てチケットあるかなあ、と
ちょっと考えて、それやったら歌いにきーや、と、
誘った瞬間に電話口で歌い出す二人。
今回の大ハプニング。

チェック後はまた解散。
辰巳さんから電話、道頓堀ってどっちやっけ、と言われる。
もう彼は大阪人ではない。

この日も凄い入りのようである。
チラシ作るのはもはや効果ないのか?
いや、クアトロのフライヤーあるもんな。

寝不足とハードな移動によって影響されたのか、
口唇の反応と脳のクロックが・・にずれる。
普通の演奏ならまだしもまたしてもblowbass、
これは少しの体調の違いが演奏の狂いにつながる。
多分神経の電流伝達とかのレベルだろう、というくらいに繊細な。
少し立ち遅れるのだ。

ここ最近の自分の演奏の中では最低の部類だった。
精神的にも肉体的にもコンディション良くない。
感情的には盛り上がった面もあり、なぜならここは地元。
大勢の友人の前でダサい格好はできん。
あふりらんぽと彩ちゃんのエネルギーに光を見て踏ん張る。
オニとピカチュウは満面の笑顔、ダンスもコーラスも楽しんでいる。
さすが彩ちゃんと同じ人種。

ホーン隊もよく客席に乱入していた。
僕はリズム隊なので不動。

この日は短めに2時間半程度のステージ。
短かないか。
外部要因でしか盛り上がれないのが辛いところだった。

終わったらそこら中に居る見知った顔にご挨拶。
たまにはちゃんとやっているところも見せなくては。
(この日の演奏はボロイが仕事を、ね)

終演即撤収退去移動、
僕は折角なので大阪に残ることにする。
バスの積み込みは御堂筋で、まるで昨年の欧州ツアーのよう。
見送りってのは気持ちが良いものだ。

さあてここからやっと自分の時間だ。
オニとピカチュウとその友人たちなどと打ち上げに。
酒を飲むことよりもそこで話をすることが打ち上げ。
音楽の話と身体の話など、真剣な話、大いに盛り上がる。
大阪に帰ってきたらコレでなくてはいかん。

ある程度で切り上げて今度はさらにプライベート。
ご近所のボン様に取って置きの美酒を頂く秘密の場所へ。
あんなうまい酒、久しぶり。
思わぬご褒美に陶然とする。
やっぱここらは至福の地。
posted by daysuke at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17453620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。