チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年05月23日

5月23日口八丁@早稲田茶箱(guest:ザ・サンフランシスコ)

◆口八丁・森本アリ(gameboy,口琴,tp,掃除機,toys,etc.) 
 高岡大祐(low-bitsampler,baritonhorn,口琴,toys,etc.)
guest:ザ・サンフランシスコ(辰巳光英elc-tp吉森信key)

関西を中心に活動する牧歌的電子玩具デュオ・口八丁のライブ、22日に引き続き二日目は早稲田の音楽喫茶茶箱で、ゲストにザ・サンフランシスコを迎えて

口八丁:掃除機バスターズ  arisabako  口八丁@茶箱  掃除機演奏中  ザ・サン口腐乱八丁シスコアカプルキョや渋さで馴染みの辰巳さんと吉森さんとのデュオ・ザ・サンフランシスコと対バンで口八丁。
前日は何かにつけておおわらわで、演奏時以外は落ち着かなかったが、
この日は早くからセッティングに入り余裕あり。掃除機も2大用意する。
ちょい押しでアリ君のgameboyソロから幕開け。
茶箱の素晴らしいPAを使って、やはり気持ちよい。
どちらが先にやるかで戦い勝利したザ・サンフランシスコは男前エレクトロと書かれていた通り、僕らとは違った高級感のあるスタートするも、この日僕の学校の先輩だと判明した吉森さんのクラシックを流暢に
サンプリングしたもので笑いの世界へ。
そういや、今日の出演者は全員関西人だ。
それにしても渋い。
そして我ら口八丁。
昨日よりリラックスして「くちはっちょう!」の掛け声高くスタート。
取り留めのなさと展開の脈絡のなさ・速さが売りで、ころころと。
途中身振りだけになったりする。
今回で初めての掃除機デュオ、音より見た目の面白さが勝つ。
口琴デュオ、これはもう安定感。
最後に4人で合奏。ぐわーっ。
気がつけばtp2key2という状態に。
いくら僕がチューバ吹かないからって、恐ろしい。
ドカーン、と終了。
訳の分からなさ度合、極まれり、おもろい。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。