チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年01月28日

極細く絞られた声

単音系:ボンバードラミ(vo)辰巳光英(tp)高岡(tuba)
中央道で上京。バス沿いの道は雪をかぶり綺麗だ。
気分は良いのだが少々着くのが遅いのが難点。
阿佐ヶ谷路地を抜けてヴィオロンへ。
ボンバーが着物で待っている。
ダークボンバーじきに" target="_blank">辰巳さんもやってきた。
新曲が恋のフェニックス(恋は不死鳥、ではないらしい)。
あとイエスタデイズ(ジャズの方)。
ギリギリに軽くリハ。
お客さんはゆっくりやってくる。開始もゆっくり。
辰巳さんは今日はフリューゲルホーンとポケトラだ。
フリューゲルは久しぶり、前はアカプルキョで以来とか。
ボンバーはいつになく声が小さい。細く細くしようしているかのよう。
これではほとんどサイン波ではないか。
僕と辰巳さんの限界小音量を大きく下回っている。
僕らの音量の奥から聞こえるか聞こえないかの、しかし小さく存在感を放つ声。
これが彼女の狙いか。
そういえば久しぶりのノーマイク。
2部で見に来ていた山崎阿弥さんを彼女は呼び出し共演。
さらに絞る!もうこれは下回ることは難しいのであまり気にしないでいく。
この日の焦点はここだったのか、曲はとても短く且つ構成はアブストラクトで
はらはらする。
最近安定感が出てきた単音系にまたしてもリスキーな演奏を持ち込む彼女。
恐るべし。
次回は祖師谷のムリウイカフェ。どうなることやら楽しみ。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1756262
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。