チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2006年05月10日

渋さ知らズ収録@NHK・CT101スタジオ

渋さ知らズ:不破大輔ダンドリスト 片山広明ts 辰巳光英tp 北陽一郎tp 小森慶子as,ss 立花秀輝as 川口義之as,harp 佐藤帆ts 鬼頭哲bs 田中篤史bs 室舘彩vo,fl 高岡大祐blowbass 斎藤社長良一g 大塚寛之g ファンテイルg 松per 中島さち子key 倉持整ds 磯部潤ds ペロdance 東洋組・しも・ちえ・東洋・たかこ舞踏 他。

午前集合でNHKへ。
今日はBSの収録。
ライブではない映像の収録は大変珍しい。
海外向け番組で国内の放送はない模様。

CT101 今日のセット 帆とアニキ 画面じゃこんな風 バナHK 沢庵食うたかこ 背後のペロ ぺり撮影俺 舞踏カップル

いつもながら渋谷からチューバ担いでNHKはきつい。
到着したら汗。
このまま楽屋など行くと煙草の煙を吸着してしまうので
この日は一切楽屋に落ち着かずスタジオに居ることにした。
CT101というNHKで一番でかいスタジオ、ということは
日本一だそうだ。
横に吊らされているビーズの帯がきれいだ。

収録はナーダム4分程度、ひこうき5分程度で
渋さにはありえないほど短い。
珍しいところではいつもはPA担当している田中アニキが
初のbs持参で登場。なんだか緊張してる。

僕は個人的に映像仕事は得意ではないのだ。
ずっと前から。

NHKの楽しみは食堂か。
学食のカフェテリア形式を思い出すが、
寿司職人が居るのが変わっている。
そして安い。市価の半額か。
勿論寿司を食う。
自分の金ではない。

しかしblowbassをNHKでやるなんて思ってもみなかった。
不破さんのアンプを借りたが、最近ようやく各種アンプにも
慣れてきたので、コントラバス用のコレは頗る相性が良かった。

海外向けだそうで、司会者と不破さんの挨拶程度の会話も英語。
違和感バリバリ。
「日本は米国の属国」「国辱」などという変なことばかり頭に浮かぶ。
思ってもないのに。
不破さんも辛そうだった。

演奏収録の後、トークの後ろでぼーっとするバックバンド、
という撮影があったが、この後にライブもあるので希望して早々に退散。
とにかく苦手だ。
posted by daysuke at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17715667
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。