チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年02月02日

物音の美しさ

barrvol.21:ホスト 山内桂(as)高岡大祐(tuba)
 烏賀陽(b,effects)熊谷太輔(per)小林さん(as)瀬尾亮(sax,vo)
 佐々木雅弥(mic,mixer)山崎阿弥(vo,tp

昼はごにょごにょ。
このあたりの生活臭いことはミクシィで書いております。
今日も寒い。某所より渋谷へ。
バスだと大変楽だ。
毎月恒例渋谷セッションも21回目。
  片付けグルーブ  salmo実験中  salmosax  salmo片づけ中飲食店での即興演奏にこういうエクストリームな弱音系の方を
招いてどうなるか、本当に未知。
参加希望者の佐々木君が来ている。山内さんはまだ。
おっとり登場。
マイクのセッティングなど、佐々木君のラインとか。
うーん、お客こないなあ、と思っていたら聞いていなかった参加者の方々続々登場。
前日のなってるハウスのバイトで知って駆けつけてくれた小林さん、常連瀬尾さん、
2回目参加のベースのウガヤさん、最近よく来る山崎阿弥ちゃん、
急に駆けつけてくれた熊谷君。
僕ら二人を含め総勢8名。
面子見たとたんに全員を山内さんとやらせたくなった。
どうなるんだろう。
まずは山内さんのソロ。
僕は馴染んできたのだが、初の人にはどう聞こえたか?
気息音とキー音。
ガボウルは環境音(エアコンとか水道とかハムノイズ等)が大きい、比較的広いカフェなので、
弱音は聞こえるかどうか、と思っていたのだが、不思議なことに
音量は小さいもののそれがすっと通ってくるのが山内さんの不思議。
さすが只者ではござらん。
続いてのデュオでは山内さんはほとんどバリエを感じさせない超ミニマルなアプローチ。
機械的、というよりは有機的なミニマルで僕がやるようなのとも全く違う。
僕は変化をスタイルとして非連続的アプローチ。
吸奏で通したのだが、今までやったことのない奏法をトライしまくった。
それがまた新しく発展できそうな(僕にとって)有益なものとしてフィードバック還元。
念願叶っての逆循環呼吸(鼻で吐いて口で吸い続ける)奏法も初めて成功。
やっぱりこういうのって必然性のあるときでないと出来ないんだな。
終わってみれば一度も吹かなかったに近い。全吸。
吸奏の新たなる可能性を垣間見て一人至悦。
休憩挟んで参加セッション。
最初は山内・佐々木・山崎。
佐々木君はコンタクトマイク2つとミキサー、ビーカーやフラスコのようなものと水など。
注いだり転がしたりする音がPAから出てまるで実験室のような音。
こういう物音と弱音は合うに決まっている。
阿弥ちゃんはマイク使用だがほとんど近寄らず、遠くから聞こえるよう。
そこに生音の山内さん、やはり不思議な通り抜ける音。
2つ前は山内・瀬尾・小林・熊谷。
サックストリオにドラム、という形態ではじめて、普通はこれで
バンドサウンドとかになるのだろうが、
皆意識が向いている方向は一緒で弱音系。瀬尾さんはネックレスサックス。
サックス三人のサウンドはとても合っている、さあ、どうするクマ。
と思ったら彼はソファーの後ろに潜り込み、裏に置いてあったコンクリブロックを積み上げたりこすり合わせたり。
その様も面白いが、ちゃんと全体の中でサウンドしてる。他にもシンバルなどのくぐもった物音系。
なんというか、こうあってほしい、きてほしい、というものがさくさく来る感じは、
グルーブ感と言ってもよいくらいだった。
エンタメ志向の強い彼がどうなるのか興味津々だったのだが、予想を裏切るかたちで、しかも良かった。
ここで山内さんが音量をぐっと上げると、その鳴りの感じがそれだけで音楽、って感じで
「鳴り響く」とはこういったものかと。
続いてウガヤ・高岡。
ちょっと距離があってどうかなあ、と思ったのだが、始まってみれば
また一味違うものに。
僕的には遊びのできる余裕を持ちながらいろいろと動けて面白かった。
こうやって全く違うものがないと面白くない。
4つ目は瀬尾・佐々木・高岡。
彼のコンタクトマイクを奪い取ってチューバにつけたり顔につけたり。
瀬尾さんとエンタメ方向に向かう。
最後は恒例の全員、なんだけど、
折角こうやってお互いの音をよく聞き会うような環境が出来てきていたので、
ウガヤさんと山内さんのデュオから一人ずつ参加していくことに設定。
デュオ→瀬尾→佐々木→小林→山崎→高岡。
1分間隔くらいで参加。
これが功を奏したのかどうか、全体のサウンドはよく聞き合っている上に、
慎重な演奏がある。聞き応えある。
途中、このbarrをずっと見守ってくれている和波さんが参加を希望。
喜んで、と店のギターとアンプを用意。
これは凄く嬉しかった。
内橋さんのWSを経験している彼がこの場を与えてくれたようなもの。
いつ参加してくれるのか、と思っていたら今日。
こういうことも起こるのだ。
本日のセッションは只のセッションというよりは本当に聞き応えのある
ライブのようだった。
僕、大盛り上がり。
次はまだ未定だけど、またどかんといくつもりです。


posted by daysuke at 00:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しいのは分かるが、長い。長すぎる。
書いたやつの顔が見てみたい。
という皆様のご意見を大便させていただきました。
Posted by daysuke at 2005年02月03日 13:26
ベースを弾いていた烏賀陽(うがや)です。

毎回、演奏に参加させていただくたびに、「おれはもっといろいろ探求せなあかん」と思うのです。精進します。

高岡さん、いつもステキなセッションのお世話、ありがとうございます。ホストお二人とのタイマン(笑)、ヒジョーにキンチョーしました。

なんだか、句会か歌会に参加しているみたいな気分のセッションです。

ではまた!
Posted by うがや at 2005年02月04日 01:32
おありがとうございます。
僕自身が刺激が欲しいわけですよ。
それに付き合っていただけて楽しんでいただければ
こりゃ嬉しいってわけで。
これからもよろしくお願いします。
しかしウガヤさんはネッ上トで馬鹿丁寧で面白い。
いやあ、ネット上で無礼な人とかそこでだけ元気な人とか多くて頭に来てるんで。
そういう人こそ是非僕とタイマンしてほしいもんです。僕、どんな卑怯な手を使っても相手を倒す汚いタイプ。
ってのはライブ見りゃ分かりますかね(笑)。
Posted by daysuke at 2005年02月05日 16:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[音楽]山内&高岡他セッション@渋谷 カフェガボウル
Excerpt: http://www.mugendai.org/gabo/ 参加者: -山内桂(as) -高岡大祐(tuba) -山崎あみさん(voice, pocket trumpet) -佐々木雅也(elect..
Weblog: やぶいぬ日記
Tracked: 2005-02-07 21:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。