チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2006年05月14日

高岡大祐alone@祖師ヶ谷大蔵カフェムリウイ

高岡大祐tuba alone

気持ちのよい空。

昨日に引き続き独り。
家族のように接してくれるこのお店で良かったのかもしれない。
報告などして準備。

昨日とは違い独りで説明。
そしてalone

交通事故のと一緒でショックはつぎの日に来るのか
身体のバランスが少し崩れている気がする。
意識とのズレ。
でも大きなエンジンはゆっくり暖まる。
いける。

ここはカンパ制なので少し残念だったが、
途中で帰る人もちょっと。
まあしょうがない。

でも最近渋さで知って昨日初めて来てくれたお客さんが
今日も来てくれたのは本当に嬉しかった。

曲目を昨日と変える。
渋さ曲を、独りでベースを吹きメロディーを吹きリズムを埋めソロを吹き
変奏し構築し壊しつくる。
これは10代の頃に憧れたボビーマクファーリンのソロのやり方ではないか!
あの頃は到底無理だと思っていたあの連続演奏は
今までに得たスキルと体験で、気がつけばこういうやり方で
叶える事ができたということか。
それに気がつくタイミングがいまだということに驚く。

演奏中、色々な事を感じ考えた。

終演後はここの東京の家族と新旧入り混じったお客さんと談笑。
終わったあとは東京のお母ちゃんと終演後駆けつけてくれた友人と
美味しく乾杯。

二日間、過酷だったが、新しい門出に相応しいalone。
posted by daysuke at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。