チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年05月30日

高岡大祐ソロライブ@経堂630

この日は今回の上京初日、経堂のサロン630という場所で、
ここは我がHPの管理者、照明作家で実は絵も書いているぞ、の吉岡紳行と軸原君の二人(今後三人体制になるらしい)のお店で、酒アリ本アリ展示アリワークショップアリライブアリなんでもありなスペース。期間限定だそうだ。
630ソロチューバ  630ソロ口琴昼間は吉岡の照明のワークショップ、これが押してスタートも押し。
突然壁にTシャツの展示が始まり驚く。知らなかった。
中満席立ち見ありくらいでスタートは7時半。
今回はお店の客さんや近所の方も多い、僕を知らない人が多いということで自己紹介など話をしながらぼちぼちはじめる。
曲と即興を交互に。
道すがらスティーブライヒの「ベスト」とクラフトワークの「アウトバーン」を聞きながら来たせいか、ミニマルな即興が多くなる。
まあ飲食あり、初めての人多しの場所ではリズミックになりがちだ。
開始前にチューバのピストンのウレタン(1本につき4枚ある)パッドを全部新品に換えたのでなかなか調子が良い。
うまくいったりうまくいかなかったり。これが全部自分で独り占めだからたまらなく面白い。
アコースティックチューバソロはいつも冒険なのだ。
2部にリクエストありで口琴ソロもやり、ちょいと冒険で吸奏(何度も言うが吹かずに吸うだけでやる演奏法)のみのソロもやる、これが意外に食いつきが良かったように感じる。
そんなこんなで1部45分・2部50分のソロライブ終了。
終演後はお店の人、お客さん、来てくれた友人たちとなんか歓談。
このお店は7月末までの限定らしい、もう一度くらいやりたいところ。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。