チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2006年05月24日

あたまがPANK〜静と動@六本木スーパーデラックス

dythm(改)高岡大祐blowbass 大島輝之g 助っ人:植村昌弘ds

イベントに呼ばれて六本木。
正式ドラマー沼直也腰痛のため療養に専念してもらい
トラで植村さんにお越し願った。
僕と共演は3年ぶりか、エアジンの渋さ以来。

即興演奏ではあるが
パラメーターを決めるがごとく
事前に話し合う。
こういうのも良い。

馴染みの中華屋で腹ごしらえ。
相変わらず接客は悪いが味はうまいし安い。

雷雨の六本木、しかも早い時間に結構な人出。
トップは吉田アミ・sachikoMのコスモス。
ちょっとこの空間だと長時間集中して聞けないなあワシは。
幕間に入るのは主催でもあるDJぷりぷり。

関西でよく話題になる桝本航太をやっと見れた。
正直大阪で見たいと思った。
東京では、ねえ。

終わったコスモス二人とこちら3人で楽屋トーク。
sachikoMさんとは初めてゆっくり話をしたが
口の悪いのと食事が好きなところで意気投合。
自分の食料は何が何でも確保する、というところが共通。

最近あまり大音量のものが聞けないのでそういうときは楽屋に退避。

自分らの出番はラスト。
長いイベントで少しは疲れているだろう客に渇を。
植村さんと即興演奏するの機会は滅多にないのだが良いなあ。
演奏者である前に音楽的であるというのは大事だ。
大島さんはアンプ鳴らしで結構ロックな乗りか。
僕はコンデンサマイク使用のblowbassで音もクリア。

細かいところは割愛するが楽しめた。
この日の雨は植村さんとお客で来ていた瀬尾さんのせいだ。
posted by daysuke at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18692306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。