チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2006年05月27日

鉄割×BYFAL@初台ドアーズ

BYFAL(小沢あき率いるユニット)
鉄割アルバトロスケット


今日は初めての場所で初めてのイベント。
鉄割とは渋さと縁が深かったのでよく知っているが
まさかそれとは別のバンドで関わるとは思ってもみなかった。

ゲネプロ前には折り込みようのチラシつくり。
同じく作っていたサブちゃんのランニングシャツ姿をみて
この日の彼のコスチュームは決定。
普段着はスーツなのに・・・。

今日はベースレスなのでblowbassスタイルでやらせてもらう。
いかにも劇伴チックな並び方。

客入れになるとすごい行列。
さすがの鉄割人気である。
楽屋では中島兄君を中心としたとてもではないが
板の上には乗せられないような話が延々続き、もはや腹が痛い。

しかし本番の本腰入れた鉄割パワー(パァ)はすごい。
間近であれをみるのは大変きつい。
笑いをこらえるのは途中で諦めた。

我々の演奏はどうだったか、記憶に遠し。
パクウォン君の無形文化財直伝のアレが凄かった。
頭の上から8mもの長いものがビュンビュン。
確かに鉄割はノリパンか。

思っていたよりもずっと時間がたつのが早い。
幕。

終演後客席をウロチョロ。
いつものように若く華やかな女性客の数圧倒的に多い。
アングラミュージシャンはダメだ。

雨の中近所の中華屋で打ち上げ。
禁断の紹興酒を頂き美味いあてと極悪な会話。
聞こえてはいなかったが聞くに耐えられないであろうガールズトーク。

打ち上げをそこそこで切り上げて
大阪からお越しの神殺しのハードコアダブオーケストラ
Vermilion sandsの主催イベント
『KOYAANISQATSI ECHOES』
を体験しにいざ新宿ロフトへ。

受付でやな予感。
あれ、これは・・・。
走って入る。

・・・。
出演者も聞き間違っていたという開始時間。
そりゃあしょうがないわなあ〜。
最後10分くらいしか聞けなかった。

それはすっごい良い本を途中から読むようなものである。
結構落ち込んだ。
滅多に見れないのに・・・。

ショックすぎてこの後のECDも聞けず退散放浪。
雨の歌舞伎町。
posted by daysuke at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18697543
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。