チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年02月05日

MICRO KONFUJON

seonious(human noise box,sax,etc)桜井響(human beat box)高岡(tuba,effect)
欠席:インパルス(rap,human beat box)DJタツロー(tt)
起きると懐に子猫のぬくもり。
これは至福である。
茶箱の岡田さんからtelあり、風邪がインフルエンザになった、とのこと。
流行っているそうです。
セオオカ  瀬尾響散々遊んでから早稲田に移動。
またしても荷物の重さに辟易し少し遅刻。
店の階段の途中に困惑気味の顔した瀬尾さんが。
ラッパーのインパルスとDJタツロー君も病魔に冒され商店、じゃなかった、
欠席との事。
ということはseoniousとビートボックスの桜井君と僕のトリオか。
岡田さんはマスク着用で仕事に来てた。僕も慌てて常備マスクを出す。
手伝いの方々や桜井君もマスク。店内マスク率異様に高し。
僕はこの日はちょっと思うところあってblowbassのセットにコンパクトディレイだけ。
エフェクトに頼りすぎないで何が出来るかなあ、などと。
お客さんなかなか来ず、やっと一人入店。
店長メンバーの風邪効果抜群なのかこの日は一人。書本。
桜井君のビートボックスは他のHIPHOPERのものより柔らかい印象がある。
自分のやりたいことをやりとおす、というよりは周囲を聞きながら自分の出来ることを試す。
僕は初のタップディレイ使用で普通に吹くことのほうに専念。
seoniousは特殊演奏バリバリ。サックス、音色は格段によくなっている。
後は音の繋がり方かな。正確な意味で言うと今のところはインプロではない、
と言う印象も。
桜井君、音色に非常に魅力がある、半面サンプリングだなあ、という思いも。
どこが違うのかは言うと長いのだが、アドリブからさらにインプロにいってほしいなあなんて。
彼には伝えたいことがまだまだある。なんて年取ったなあ。
昨日やって面白かったフィードバックを試そうと思ったらあらら、アンプの相性が悪いのか
キーン、という高音しか出なかった、残念。
ライブ、というよりは実験的な側面が大きかった。
今度は正式な面子でまたちゃんとやってみたいなあ。
この後は週末飲み会へ。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1878775
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。