チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2006年06月05日

小沢あきオーケストラ@新宿ピットイン〜イトケンサポート@吉祥寺マンダラ2

小沢あきオーケストラ:小沢あきg,cond 辰巳光英tp 輿石バッキー智宏as
後藤篤tb 高岡大祐tuba 永田雅代p,key 桜井響human beat box


恒例昼のピットイン小沢オケ。
今回は後藤君と桜井君が初参加。
メモ程度の譜面と進行表による小沢あき作曲作品を
演奏する流動的ユニット。
かなりジャズっぽくない。
1曲のスパンも長く曲の意図は演奏者にも謎だらけ。
それだけに個人の裁量によるところ多し。
カットアップ的にシーンをつくる場所が多いので
初参加の桜井君のhbbが大活躍。
普通のヒップホッパーとはセンスの違う彼との共演はこの日も収穫だ。
終演後ゆっくりできずピットイン名物大盛バーボンをあっちう間に呑み干して次へ移動。


イトケンper effect etc.高岡大祐tuba effect

結構急なお誘いに馳せ参じてイトケンさんもソロだったところにお邪魔。
タイバンはどちらにも知人友人がいて気安い感じ。
デュオのチェック、イトケンさんはスネアと小物と
エフェクター、ルーパーなど。
僕はMO-FXというマルチエフェクターだけを通す。
基本はチューバ。
マルチといってもほとんどディレイしか使わない。
エフェクター使用するライブは久しぶり。
生音で十分面白い音が出ているのに電気的に音を変調させるのは
もったいないというご意見のため。

ぶらぶらして本番まで時間潰し。
僕らは一番手。
内容は語るようなもんじゃないが40分程度一気。
ほとんど寄り添わないでいてお互いから出る面白い音を横目に専心。
結局ほとんど吹かなかったtuba。
ディレイかけて叩きまくっていたのが一番のクライマックスか。

2番手のボンバーと3番手のシャバヒゲを楽しみ幕。
posted by daysuke at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。