チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年06月06日

6/6 ★Organic Konfusion★〜Hip Hop meets Jazz in alternative way

HIPHOPと即興演奏のコラボレーションイベント、
出演:Seonious(human noisebox,sax)高岡大祐(tuba)熊谷大輔(percussion,絵本),橋本学(drums),
太華(human beatbox),DJ TA2RO(turntable),K-Low(rap),Impulse(rap,violin)
それに飛び入りでけむー(human beatbox),たいこう(human beatbox),
瀬尾インパルスK-LOW  熊谷TA2LO  vl beat box
★Organic Konfusion★
〜Hip Hop meets Jazz in alternative way
と題して、僕としても初めての試み、HIPHOPとのコラボ。場所はお馴染み、入谷なってるハウス
普段はジャズ系のオリジナル音楽が多いここでも勿論HIPHOPは初めて。
以前からブラックミュージック好きの延長でHIPHOP聞いていたこともあるけど、最近になってアフラというフジゼロックスのCMで一躍有名になったhuman beat boxに興味を持って、友人である瀬尾亮さんに色々と聞くと、彼らの中にも即興演奏に興味を持っている人がいるという話。
なら、とまったく予備知識もなくやってみたイベント。
瀬尾さんの圧倒的な協力のもと。
準備は大変だった、彼ら(ここではHIPHOPの世界の人たちを指すことにする)の普段出ているクラブとアコースティック中心のなってるでは状況がずいぶんと違うのだ。
PAでもかなり苦労する、音量があまり出せないハコと音量を稼ぎたい彼ら。
参加予定だったMeteor(rap)、体調不良で不参加などを含め、即興演奏の組み合わせを考えているとやっと決まったところ直前にで飛び入り希望者現る、が〜ん。
いきなりかよ〜、で、踏ん張る。3部構成にする。
乾季のアフリカに雨を降らせた雨男瀬尾亮の面目躍如、勿論雨。
6時開始なんちゃって、で、押して押して7時半開始。

1部
1、太華ソロ
2、k-low けむー
3、インパルス 熊谷
5、橋本 瀬尾 高岡
6、TA2RO たいこう

human beat box初めて生で聞くがやはりこれは面白い。複数いるので個性の違いも良く分かる。だが僕は門外漢なので基本リズムなどは知らない。
以前からのラッパーがbeatboxもやるようになっているのかな、と思うシーン多数。
しかし熊谷君はどこでも爆裂だ。

2部
1、熊谷 TA2RO 橋本
2、k-low 熊谷 高岡
3、生音human beat box(ほぼ全員)
4、太華 橋本 熊谷
5、瀬尾 けむー
6、たいこう インパルス

おいしいとこ取り・熊谷太輔を使い倒すセット。
彼の勢いにはじめてみる人は目が点。
2のセット、熊谷君は橋本さんのドラムを叩く(そういえば初めて聞く)僕はベースアンプを鳴らしているのでなんだか至極真っ当なHIPHOPの感じがして面白い。
3、これは最初はbeat boxer3人に頼んだら客席での演奏になり、そこにいるほぼ全員が自然に参加してきてこれはまたとてもいい感じ。
6のインパルス、彼とは以前共演経験があるのだが、今回初のヴァイオリン持込、なんでも元お坊ちゃまとかで3歳からvlやってて馬にも乗ってたとかいう彼、タッチは本当にクラシカル。
その彼が挑戦したvl beatbox、これは凄い、たぶん世界初のヴァイオリン弾きながらbeatboxとラップ!たまりません。

3部
1、熊谷絵本コーナー
2、高岡ソロ
3、k-low インパルス 瀬尾
4、高岡 太華 TA2RO
5、瀬尾 橋本〜全員参加

もうお互いのことが分かってきたところで、この部は企画もの。
このブログでも散々書いてる絵本読みの熊谷君、好きに入れ替わって彼のバックをやる、そろそろみんないつもこういうことやてないんだろうなあ、というようなことをやり始める。
2は僕の事を知らない人が多いので自己紹介的に。これで彼らがチューバという楽器を誤解するに違いないという全部循環呼吸ソロ。
3はリミットであるマイク3本使ってラッパーだけで。ところがインパルスはvlに専念したり他にもどかどか乱入があって凄いことに。
4、これは個人的にとてもやりたかったセット、beatboxもターンテーブルも僕は大好き。
みんな単音(ターンテーブルが1台)、なるべく埋め尽くさないように音を間引いた感じで演奏する。
これが奏をなしたのだろうか、「とてもよかった」と各氏に言われる。
そしてデュオからの全員乱入。説明不可能。

まだ終わって間もなく、自分の中で整理のつかない現在で総評は置いておいて、
十分な刺激になった一日。
準備の大変さを余りある充実感あり。
僕が受けたように彼らにも刺激があったようで、これがさらなる音楽の発生に繋がればとても嬉しい。
またやろうっと。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196567
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。