チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年06月07日

6/7barr vol.13@渋谷gabowl

ホストミュージシャン・ボンバードラミ(vo)高岡(tuba)
ゲスト・瀬尾亮(口芸,etc)オザワアキ(g)熊谷太輔(per)k-low(rap)
毎月恒例渋谷フリーセッションbarr、今回のホスト、いやホステスはボンバードラミ。
彼女とは辰巳光英(tp)さんとのトリオ「単音系」などで共演しているが、即興だけのセッションははじめて。
店に入るとボンバーがいて、その後に彼女が誘って忘れていたというギターのオザワアキさんが来場。
先日のmanufactureで少しだけあったギタリスト、辰巳さんや知人と多く共演しているそう、鉄割バンド・音Pちゃんにも参加とか。
はじまるまでに馬鹿話ばかりしていて大変苦しい。
マッサージ業務を終えた瀬尾さん、前日のHIPHOPイベントに出てくれた熊谷君とMC k-low、らがゲスト参加。
久々復活の山梨畑山農場の野菜試食、なんだかみたことのないコートラビー(だったと思う)、蕪とブロッコリーとキャベツの芯を足したような料理、とてもうまいサラダ。
ボンバーと僕のデュオからはじめる。
即興、しかもマイクアリの彼女とは初、マイクの使い方などで多彩な声を使い、曲モノをやるときとは明らかに違うアプローチ。
しかし生声がでかい。そのミックス具合も見事。
その後はオザワさんと熊谷君のデュオ。物理的な距離があり、なんだかそれらしいフリーミュージックな感じ。
休憩をはさみ2部、瀬尾さんとボンバーデュオ、二人の声のあまりの違いにおかしく、またこれがよろしい。
続いて僕、小沢さんMC K-LOWトリオ、下地が出来てきたところで演奏しながら他の皆にもどんどん入ってもらう。
K-LOWに触発されたのか、ボンバーも英詩を使った即興がはじまり、
あたかもハウスの女声サンプリングのような錯覚、いやはや凄い。
やはりポップなものになった今回のbarr、ちょっとお客さんが少なかったなあ。
写真撮り忘れました、この数日前まで不法滞在中に撮った写真を。
一人だとこんなことしかしてません。
趣味の覆面
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。