チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年03月06日

グレービートリオ

松本健一ts 西村直樹b 高岡ゴム,tuba

松本健一小野章高岡トリオのonomatopenのはずだったんだけど
アキちゃん急遽来れずで(最近こういうの多いなあ)
前日に西村直樹さんに連絡してみたらOKとのこと。
というわけで変更して松健西村高岡急造トリオ。
暗がりの二人  燃えろ!ムリウイハンバーグ
ムリウイは相変わらず居心地が良い。
僕は人が多いところは苦手でここはのんびり。
しかあし、ライブ会場で居心地が良いということは
ミュージシャンとしては誠に居心地が悪いことでして。
ああわ、と思っていたらゆっくり皆さんやってきて
このあたりものんびりしてて逆に良い。

始まる前に名古屋と付き合いの深い松健さんともQさんの話。
あんな人もういないなあと。
一人になると悲しい気持ちばかり思い出すが
故人を好いたもの同士だと明るい話も多く。
ウルサイ客席に飛び乗ってツイスト踏んで演奏した話とか
馬鹿な客殴り倒した話とか。
これらは伝聞で、聞いたときは信じられなかったなあ。
いつもにこにこ、ってのが印象だったから。
いまも笑顔が思い浮かぶ。

追悼で何かやる?と松健さん。
一瞬考えたが止めましょうと。
僕らが生きて音楽やること自体が
追悼になると思っているので。

さて本編。
ムリウイの音響はやはりアコースティック最高で、
西村さんはアンプ繋いで待機するも1部は生音でやり通し。
松健さんの音は勿論のこと。
僕はあんまり特殊奏法なんて使わずに
ここではリズムやメロディーも遊んで楽しい。
2部では始まった瞬間に外れた抜き差し管押さえのゴムを
引っ張ってびょンびょンひいたり
風船奏法も炸裂。
音が鳴らない風船の動きだけ遊びとかも。
持ち込んだ風船のほとんどを駄目にする熱演。
最近いろいろあって感じてのことなんだけど
人にどう見られようともういいです。
笑わば笑え。

実は少しだけ大道芸が苦手で。
見せ方の問題なんだけど。
パフォーマンスっていうのも同じく。
見せるためのものではあるけど
そうじゃない。
そこにしかありえないなにかを
音や何かで生み出したい。
男は子供生めないし
こうやって何か生み出すのかな。

終演後はまったり。
やっと食べれた念願のハンバーガーは
いつも聞いていた自負どおり会心の味。
肉汁ぼたぼたでしっかり焼かれたパテの味はどこにも負けない。
これで480円ですぜ。
よ、日本一!

今日は僕の好きなここのお母さんが風邪ダウンで休み。
ここに帰ってくるといつも話したいことあり。
残念。
話したとはいえ店のたけしさんともまだまだ話し弾む。
今度は休み使ってゆっくり行こうっと。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。