チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年06月17日

新生カバンド@市川りぶる

カバンド(ムロダテアヤfl,voタツミミツヒデtpオノアキbタカオカtuba)
ここ数回参加してくれていた辰巳さんがこの日から正式に参加決定。
実は個人的には前々から考えていたことなんですが。
さてこの日はあやちゃんの療養後復帰第一弾カバンド。
体のことを考えて半強制的に椅子に座ってもらい、ヴィブラフォンなし、フルート・ヴォーカルだけになってもらう。
このことがさらにバンドを進めることになる。
本当に単音同士の4人、音量は全員の音が聞き合えるように非常に押さえられている。決められたピッチもない。
曲は題材としていつもと同じなのだが、本当に緩やかで、
1時間で2曲がせいぜい。
惑星のない4つの衛星がお互いに動き回っているような感じ。
近づいたり離れたり、引力なくその軌跡が独立したメロディーのように
聞こえている。
あやちゃんは療養後、さすがの変化もある、スピード感より深さ。
アキちゃんのベースなんだか凄い、「カバンドが一番深い」とは彼の弁。
渾身のあきちゃん
みんなからかさこそと小さくなる音まで聞こえてとても楽しい。
これからはこの4人で。新生カバンドとても楽しみ。
あ、社会派ミュージシャンとして名高い辰巳さんは、さすが、新聞を楽器に、くぁっしゃくぁっしゃ。
辰巳光英社会派プレイ
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/239163
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。