チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年03月12日

歓喜と怒りをない交ぜに僕はとりあえずチューバをぶっ叩く

オーガニックコンフュージョン6
出演
高岡大祐(tuba,effector)
つの犬(drums)
辰巳光英(trumpet,effector) 
室舘彩(flute,voice,etc.)
熊谷大輔 (percussion, 絵本,etc.)
Seonious (human noisebox, tenor sax,etc.)
DJ TA2RO (turntable)
麻神(rap)
Darthreider(rap)
Roy(rap)
桜井響(human beatbox)
Sharlee(human beatbox)
&MORE

詳しくはこんな会ですわい
そしてそのうち写真などがアップされるでしょうのここ
口ジャズとシャーマン太鼓 トリオよ たつみっちと箸
車の中でみんなと話す。
あやちゃんと話して胸に来るものが一杯。
辰巳さんは前日からお疲れのご様子。
養生してや。

渋谷に着いたら勿論もうセッティングは済んでいて、
急ぎエレキセットとかする。
体の冷えが止まらないので少しアルコールでマイボディ暖める。

これでもう6回、この他にない試み。
細かいセットリストとか説明する気力はなし。

前回よりぐっと増員されたHIPHOP陣営。
だけど、もっと欲しいのよ、何かが。

ただ単純に怒ったりはしないけど、ある種の歓喜に通じる怒りのような
よく分からないエネルギーがほとばしり、
「ビートが欲しい」とのたまうラッパー諸氏の前で
アフリカの雷神シャンゴも吃驚のスーパーチューバフィードバック。
ついでに楽器をどつき倒しまくり変調。
これでマイ楽器はこの日ブレイキンアウト。
アホだなあ俺、と思うけど後悔はしない。
本当は楽器を叩き壊す音が聞きたかったけど
明日のことをちらりと考えてしまった弱気な僕チン。
それだけ反省。

初参加の彩ちゃん、喉をいためていて声が出ないと
太鼓叩いたりして、これが極上。
音楽は楽器じゃない交霊、いや好例。
ようは魂の問題。
「心までは愛しても魂までは無理だった」と歌ったのは
ふちがみとふなとだが
魂だけ通じりゃあいいではないか。

なんぞや、それ、となると
言葉は無力だが、
たまさか人に通じてしまう
孤立したあるものの想い
そんなことを感じて感動した。

僕はフィードバックで壊れた無力なチューバを捨て、
久々に(ハンブルグでチューバ壊れて以来)彩ちゃんのフルート借りて
歌い吹き。
あとで「ラサーン意識したでしょ」とはよく見てるお客さん。
そうだねえ、
もう好きなものはそのまま出すのよわたし。

冷静に音としての新鮮さでは
ビートボクサー(口でドラムなどの音表現をする人の俗称です)桜井君の
楽器的なスタンスと音、
なにより主催で長い友人のseonious瀬尾のhuman noiseが
冴えたサウンドを響き渡らせたことが興味深かった。
なんか乗りでPAまがいのこともやったり。

HIPHOPというある種の文化と
それと別にサウンドのみに焦点をあてた即興の試みは
些か発展の憂き目をみないようなポイントもあるが、
とまれ、完成でも結果でもない物を求めて
そこにあるなら
瞬間しかない輝きでも見逃せない。
なんのこっちゃ。

ラサーンが叫んだ
ブライトモーメンツ!
という言葉が心にぶかっと刺さって
貫いたまま抜けないのです。僕。

要は魂の問題。
僕にそんなもんがあるかは分からないけど。
怒りと喜びが同質のものとしてあるような
音楽の幸せでした。
posted by daysuke at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2406240
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。