チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年03月17日

吹禅打禅@大阪ポコペン

吹禅打禅:やまと(くぐつ傀儡)ヤマダベン(per)高岡(tuba)

始発バスで東京より大阪へ急ぐ。
ほぼ完徹なのでバスの中では寝っぱなし。
大阪は小ぶりな雨。
家に帰る時間はないので直接会場のポコペンに急ぐ。
吹禅打禅@ポコペン 龍拡大図 @味穂 きゅー
やまとさんの絵日記風あります
http://gesyukuya.gozaru.jp/eniki04.htmlやまとさんもべんちゃんもすっかりポコペンでくつろいでいる。
ここは仮想おばあちゃんち。築100年近い大阪の町屋カフェ。
店的な内装は皆無に等しく、ちゃぶ台と畳でお茶にお酒をこそばせる。
やまとさんは水害時には船になるという階段の下の物置部分に
木の戸板を立てかけて障子紙を張り、中に入って内側から照明をあてる。
ベンちゃんと僕は窓際に並び。
やまとさん、ゆっくり書いてね、とお願いしたとおり、すごくゆっくり書いてくれた1部、
それでもすごいスピード、僕の位置からは書いている姿が見える。
大きく龍と吹禅打禅、舞う雲。
やまとさんが乗っている姿が横目にちらり。
今日も唇は最高に痛いがそんなこといってられないのだ吹く吹く。
2部はやまとさん人形舞。この狭いスペースで縦横無尽に飛び交う人形。
ベンちゃんと僕は小技いろいろ炸裂。
ストーブとやかんがいい音なので叩いたら煤で手が真っ黒。
この空間で吹禅打禅出来て嬉しい時間。
もう少しお客さん呼べたら良かったなあ。

終演後は片付け、荷物は一部預かって貰い、
少し移動してアメ村でたこ焼き飲み屋など。
昔の馴染みはメニューもお客も増えていてちょっと味が変わっていた。
やまとさんと分かれてベンちゃんと御贔屓のうどんや「つるとんたん」へ。
数々のお客さんの下を躍らせてきたここのうどんでベンちゃんも踊ってくれた。
この日は早めにしまう。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2542340
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。