チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年03月18日

息吹と打撃スペシャル

横沢道治per ヤマダベンper 高岡tuba
大阪二日目。
この日はベンちゃんと僕のリズムの師匠でアメリカ村でタムタムカンパニーという
太鼓屋さんを営むジェンベプレイヤー横沢さんとのセッション。
まずは西成のホテルに泊まっているベンちゃんをお迎え、
ジャンジャン横丁の人気串カツ屋八重勝でビールを串カツで朝ご飯。
次は地元鶴橋、風月本店でお好み焼き、焼きそばとビール。
さらに鶴橋市場探索して豊田商店のキムチをお勧め。
何故かお勧めしたら僕までただで水菜キムチおまけしてくれた。
@風月鶴橋本店 @タムタムカンパニー @楽 横沢道治 ベンちゃん熱演 
そこから急ぎ、ブルグへ。
ここは堺筋本町の喫茶店、やまとさんはここでの絵本原画展のために
来阪しているのであった。
昨夜ポコペンに来て下さったお店の方にご挨拶。
ここに来たのはやまとさんとベンちゃんが大推薦のこの世に1冊しかない絵本を
見にくるため。

やまとさんが原画を描いた「こにゃんたれぶう」の文章を書いたUmikoさんの息子さんの
U坊という現在7歳の少年の書いた「アンドロイドタイガー」に
感動したやまとさんが1冊のためだけに絵本にしたもの。
早速拝見。
これが、本当に信じがたいくらいの話。
やまとさんの絵もすごいのだが、一体この子は何者なんだ?
7歳にして輪廻転生について書かれてある。
なんでも5歳の誕生日にお母さんにあげた話が第三次世界大戦だとか。
まだ全部読んでいないのだが、この感動は呼んだものにしか分からないだろうなあ。
ここで読めます。U坊書房

しばし呆然としたままに今度はタムタムカンパニーへ。
横沢さんとベンちゃんを紹介。
いきなり店内で盛り上がりとなりのレコード店プランテーションで
ジャイポンガンのテープをかけたり。

横沢さんの装備を担いで今日のお店、楽まで徒歩。
一度置いてから僕とベンちゃんはポコペンに荷物引き上げに。
ポコペン2階ではマスヤマ君やカントさんたちが芝居の稽古中。
楽は練というショップの集合体の中にあるカフェ。
僕の家からまたしても自転車圏内なのだが、知らなかった。
やたらに重厚なつくりの巨大な日本家屋の中なのだ。
なんでも神戸方面にあったさる皇族の別邸を移築してきたものらしい。
楽 http://www.eonet.ne.jp/~len/sub10.htm
練 http://www.eonet.ne.jp/~len/

店内のテーブル椅子を外に出し、お客さんはじかに座ったり立ち見したり。
僕は二人を背負う形で位置。
音があんまり出せないから、なんて話はどこへやら、
二人はいきなり前回のご様子。
唇は最高に悪いがこの日も吹けるだけ吹く。
2部の最初はベンちゃんと二人で吹禅打禅的演奏から。
途中から横沢さん、そして遊びにきてくれた旧知のサックス吹き、岩田江さんも参加。
江さんは昨年事故で指を大怪我して、大変心配しているままに会っていなかったのだが、
こうして来てくれて楽器を吹いてくれて個人的に
本当に嬉しかった。
ほぼ全編即興ながら途中に江さんとよくやった「パポフラード」という
エルメートパスコアールの曲を久々に。

終演後お店の方や皆と歓談。
とても喜ばれた模様。
横沢さんとベンちゃんはお互いをたたえ合っている。
この二人を是非会わせたかった僕には感無量。
江さんに「たのもしなったなあ」なんて言われ照れる。

また是非なんて挨拶を残し横沢さんとベンちゃんとで
昨日も行ったつるとんたんへ。
毎日でもうまいのだ。
明太子うどん、蛤と筍とワカメのうどん、そしてうどんの刺身というべき、ざる。
それぞれ太2玉、太2玉、細5玉。
ここは玉数変更無料なのだ。
讃岐出身と昨日も堪能の太鼓二人組は喜び貪り、勿論僕も。
幸せ一杯になり、腹も朽ちたので動かないように
すぐそこのサイゼリアへ。
ここからが大変で、盛り上がり呑んでいるところにこれまたご近所の、
デグルチーニの出口君来訪。じゃじゃじゃん。
このあたりから記憶はブラックアウトへ移行。
大阪の日々の最後は記憶の闇の中へ。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2543910
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。