チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年03月31日

有機的低生音熟成大盛

西村直樹b 高岡大祐tuba
ふたりでごろん

茶箱で西村さんと。
宣伝不足か、客席は寂しい状態であったけど
客の少ない時に演奏が良いというジンクスはここでも生きており
二人とも完全にアコースティックでの演奏は
自分の生の力を全力尽くした好演だったと思う。
1部は非常にフリージャズ的なサウンドで
二人ともそういうジャンルの人間でないのに、そうなったのが面白い。
2部は対極的にアブストラクトな側面が、
二人共通の声をよく出す、生音特殊奏法などがバランスよく。
「初めて顔が見えたような気がする」
とは西村さんの弁。
こんな素晴らしいサウンドをだすミュージシャンにこんな風に言われるなんて
嬉しい限りで、これを膨らませるような新しいことを考えようと。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2830365
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。