チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年04月01日

強度の四月馬鹿

もう渋さ知らズ一杯

毎年恒例渋さ知らズ@新宿ピットインライブ『四月馬鹿』。
少し遅れて入るとこれまた最近のピットインにはない大編成。
久々の顔もちらほら。セッティングは大童。

テナーズ 邪眼チューバ吹きとヒゴさん 邪tubaと人気ドラマー さるへんバーニン さるへんお立ち台
輝けバナ 足りないアルト1 足りないアルト2 輝く先に バリトンズ
poidrum おーいえいいえい リマお立ち台 ぺろちゅっ
久しぶりに反町鬼郎さん、歌モノありでジュリーの曲(名前失念)と久々の「こうてい」
をリハ。
ジュリーのデモを聞くと意外なことに鬼郎さんとジュリーは声質が似ている。
「こうてい」はギター加藤さんの曲で氏も含めて大好きな曲でやるのは嬉しい限り。
サウンドチェック後は一時解散。
噂では200人というこれまたとんでもない数のお客さん。
ステージ、客席共に立錐の余地もないとはこのこと。
8時に始まったライブ、終わるのは11時半過ぎなんて全てが規格外。
性格なレポート出来るような記憶力は僕にはありません〜。
なんか断片的に思い出すのはさるへんやリマ哲さんがお立ち台に上りまくり
不破さんがドラムを叩きアルト陣がネックなしでヘンテコ吹いたり
隣でバリ2がブロウしまくりダンサーはペロちゃんとロットちゃんの二人で
もうみんなとにかく音はでかくてでかくてくらくらしながらの演奏。
こうていでは僕はほとんど吹かずに歌っておりまして、
大声出すってのは気持ちが良い。

終わってからはピットインで飲むだけ飲み
裏のバーンキラオに数人で移り久々のタイ料理に舌鼓。
奥の方に佐藤帆中島さちこ他数名がおりそこで歌って祝杯あげるに
何故か延々立ち上がって飲む立ち飲み屋状態。
ナーダムは許されたが本多工務店のテーマでお店からやんわり注意。

まだまだ〜、というあたりから記憶はホワイトアウト。
四月馬鹿に相応しく新宿で馬鹿を繰り広げた未明。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。