チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年04月05日

音マニあ@なってるハウス

出演:マニノイマイヤー(ds)東洋(舞踏)高岡大祐(tuba)
@入谷なってるハウス

起きると疲労が農耕、いや濃厚。
たまっているネット業務を少ししてから
渋谷へ。
クロサワウィンドに向かい、前回のチューバフィードバックでぶっ壊した時に
直していただいた小畠さんにお預けしてその間に僕はまた雑務疾走へ。
またしてもきっちり直していただく。ただただ感謝。
急なリペアに対応してくれるのは本当にありがたい。
腕前も確か、管楽器のみなさま、渋谷クロサワウィンドに行きましょう。

2部最初 悦子&マニ ソロ始まり マニソロ 泥の川
急ぎなってるハウスへ。
この日は帰国も近いマニノイマイヤーと東洋とのセッション。
渋さ舞踏ちえが背景にいろ塗りしたダンボールを張り巡らせ
東洋は床に布を敷き照明を仕込んだりギリギリまで準備が続く。

本番開始最初は何も決めごとなくフリーで。
東洋が入ってくるタイミングは全く読めない中
のびのびと。
見かけうるさいかなあ、とマイクをなくしたら
音量上で少し大変だった。
東洋は珍しく普段着・白塗りなし。
逆の意味合いで裸の踊り。

2部最初は2月のガボウル同様、パートナーの悦子さんと
二人でデュオ。
ほとんど前回と模様は変わらない。
そのまま力強いマニさんのソロへ。
そこに僕が入る。
途中完全に暗くなり泥だらけの東洋がそっと登場。
照明徐々につきその姿を現す。

途中何度か完全に暗くなるのだが
明らかに聴覚に集中することから意識が変わる。
これはメールスのブラックテントでもあったこと。

途中東洋は抜け去り後は二人で。
どどーんと。

終了後は渋さ舞踏たかこが持ってきてくれた
フェアウェルケーキをみんなで頂き。
こんな機会を繋いで尽力してくれた東洋に感謝。

会えれば渋さのドイツ旅で再会を、と熱く抱擁。
これにて今回の旅一段落。


posted by daysuke at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅ればせながら、ライブレポをアップしました。凄く楽しかったです。
Posted by やぶいぬ at 2005年04月09日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。