チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年04月18日

旅の前日にバッタバタ 低音ぶりぶり

低音環境 不破大輔b高岡tuba @入谷なってるハウス

ついに旅前日。
こんな日にライブですか、と何人にいわれた事か。
今回で三回目になる渋さツアー参加、思えば全回前日ライブですわ。

いろいろとばたばたの昼間。
シティバンクに口座作りに行き、楽器屋で楽器の最終整備。
東急ハンズの寄って低反発ウレタンを買い込む。
クロサワウィンドの小畠さんのサジェストでケース外側に張り巡らす予定。

その後は美容院へ。
数日前に大荷物で歩いていたら女の子がやってきて
「カットモデルになってもらえませんか?」と。
最初は断ったものの、
こんな大荷物のむくつけき男によくまあそんなこと頼んだもんだ、
と興味が出てきて、後を追っかけてお受けした。

行ってみれば大変おしゃれな大きな美容院で
簡単に説明受けてやってもらう。
「お住まいは「旅です」「明日は何を」
「ロシアへ行きます」「????????????」
まあ訳和歌卵だろうなあ、だけどこんな風に普通に暮らしている人と
話すこともないので、楽しんで会話。
見た感じ分からない位のソフトモヒカンにしてもらう。

その後はなってるへ。
不破さんはさすがに忙しいと見えて遅いり。
アンプなしでF孔(ベースの表板に空いたF型の穴)にマイクを立てて。
これは初めての試み。

お客さんは超大入り。
もうこれで二度と会えないのか、と思っているくらいの勢い。
チャンも、僕の友人夫婦も見える。
こうまで来ると張り切ってしまうでしょう。
汗かきかきの熱演。
不破さんのマイク取りの音、生音が大きく聞こえ、物凄くよい感じ。
音の環境がよいと演奏のインスピレーションも大きく変わる。
変わる印象。
普段、低音環境では禁じ手にしているテクニックも多用。
所謂特殊なテクニックオンリーの音色。
最近の傾向、自然に声が出まくるのも勿論。

出発前、とか関係なく力演だった。
なんかこんないい感じだとちと怖いような気もするけど
旅に向かって力が出る出る。

あ、次のなってる低音は6月30日になりそうです。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。