チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年04月22日

古都サンクトペテルブルグから極北の地アルハンゲリスクへ

今日は移動日

隣の部屋のTVの爆音で目が覚める。
文句言いに行こうとしたら同室のさる君が言ってくれた。
降りて朝食を頂く。
今回のロシアで何度も頂く魚肉風ソーセージ。

バスでモスクワ空港へ。
列車で1日かけて行くはずだったアルハンゲリスク、
急に飛行機移動になる。

バゲッジに突入 翼とタイガ 極北の鬼 ロシアでこまい バス移動中 
空港で無線LANスポット探すも没。
荷物チェックインで大変、小型飛行機だしこちらは超荷物集団。
なんとか交渉しなんとチューバの機内持込成功!
しかし時間はかかりまくり。

フライトギリギリで搭乗。
中ではぐっすり。
目が覚めると眼下にはタイガと雪原。さすが北極近し。
こじんまりした空港で現地スタッフと待ち合わせ。
不破さんは何度も、他に小森さんや真理ちゃんなどチャンバンドで以前にきている。

バスに乗り込みホテルへ。
目の前には河?湖?とにかく広大な、
しかも全部が完全に凍っているなんて!
ホテルはもったいないくらいキレイ、立派。
その少し古い旧館、個室。

ちょっとしたら食事へ。
立派なジャズクラブ、なんでもアルハンゲリスク、ロシアのジャズのメッカらしい。
コース料理はこの旅初のちゃんとしたロシア料理という感じ。
勿論グー。
ビール、ウォッカ、赤ワインも進みます。

食事終了後にバンド登場。
ジャズでした。
ジャズクラブで食事

途中で一人抜け、スーパーに立ち寄り酒と蟹ラーメンなど。
早めにぐっすり就寝。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。