チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年04月30日

渋さ知らズ・ライブ@ベルギー・ゲント

渋さ知らズ:不破大輔 ダンドリスト 片山広明ts 
北陽一郎、辰巳光英tp ウォルティpan-flute 鬼頭哲bs
立花秀輝as小森慶子as,ss 高岡大祐blowbass
磯部潤、倉持整ds 渡部真一act ペロ、ロットdance 
東洋、ふる、ちえ、しも、まゆみ 舞踏
横沢べにどん紅太郎(映像)浅利芙美(ツアーマネージャー)
阿部田保彦(舞台監督)田中篤PA


朝ご飯は食べない覚悟で寝休む。
11時50分ホテルロビー集合。
同時にチェックアウト。
今日はこのまま会場に行き、ライブ後はアフターパーティー経て
夜行バスに乗り込む算段。

会場は立派なホール。
ベルギーでも有名な場所らしい。
入って荷物置いたら昼飯。
食堂でバイキング形式。
パン、ハム、チーズ、蟹サラダ、スープ、ヨーグルト、果物など。
ヨーロッパに良くあるセット。
チーズとハムの味がロシアと違う。
塩気が少し控えめで上品。勿論うまい。
日本だと絶対食えないのでここぞとばかりにおいしく頂くのは
ヨーロッパでよくある僕の風景。

いざ会場へ 威厳ある会場 会場のポスター 川辺の風景 すごい建物1 すごい建物2 古都と鬼 いいねカフェ うまいディナー 輝く楽屋 まゆみ にやり わわわ ゲント劇場 ゲント出発
昼飯後はゆっくり時間がある。
演奏家羽状のホールはやたらに立派。
オペラホールクラス、横の張り出しは金張り。
天井も吹き抜け4,5階分くらい、客席は急傾斜。
楽屋も窓広く気持ちよい。
セッティング、今日の僕のヘッドアンプ、
真空管プリアンプ付MESSA。イコライザーはパラメトリック。
というわけでダブル真空管プリアンプ。
これがサウンドグッド!床も勿論木張りでとても鳴るし
ベースっぽくありながらアンプリファイされたチューバの感じも出る。
皆の受けも良い。

前音も中音も田中さんが担当。
忙しそうなチェック。
おかげでとてもやりやすい環境。
レンタル楽器も立派。
さすがのヨーロッパ。

合間に町を散策。
ゲントは観光地、そこら中に名跡らしい建造物がある。
高級なショップも立ち並、鬼頭さんと共にうろうろ。
今回共に歩き病の二人、どこまで歩いても歩けるのだが
これは二人とも普段の大荷物がないから。
キリがないので夕食の集合時間に合わせて戻る。

夕食は1回のカフェで。
カフェ、日本のこじゃれたところとは大違い、
広くて古くて立派。
ここで昨年大分湯布院で山内桂さんと競演した
ベルギー在住のダンサー樹子さんとハズのミヒャエルと再会。
聞くとこの建物は旧社会党の連合ビルだったとか。
どうりで威厳もあって立派なはず。
ついこないだは大友良英さんもここでソロをやったそう。

ディナープレートはこれまた豪華。
チキンのグリル、サラダ、ライス、ブロッコリーのグリーンカレー。
昼飯一杯食ってあんまりお腹減っていないというメンバーも
うまいうまいと食っていく。僕もペロリ。
紅白ワインもばっちり。

満腹でちょっと休憩したら20時より本番。
どうやら満席の模様。
練り歩きは出来ない構造なので袖からホーン隊が緩やかな吹き伸ばしでスタート。
サウンド的にはロシアの時よりずっしりとした感じになるのは
あると隊長が抜けテナー片山さんが入ったから。
音環境もばっちり、素晴らしいサウンド。
お客さんが着席で聞いていてもどかしい。

龍が登場する真理ちゃん歌のひこうきでは会場から拍手。
またしても立花君のサックスソロ最高。
盛り上がりに盛り上がり、2時間のステージ終了。

急ぎ片付け、この後はアフターパーティー、
と思っていたらそれはなくなったそう。
今晩は1時半にバスに乗り込んでケルンに向かうので大変忙しい予定。
何人かのメンバーは体調も思わしくなく疲れの色は全員の濃厚。

パーティーはなくなったが下のカフェで飲めるらしい、と移動。
もらったチケットが一人あたりだと小額だったので
ツアマネ浅利さんがチケット全部たたきつけて赤ワインボトル大登場。

僕はミヒャエルに地元民お勧めベルギービールをご馳走になる。
ここでやっとこれぞ!という逸品に出会える。
うんまいうんまい。物凄いコクと切れ味。
感謝がぶ飲み。
そこらで交流大笑い。

楽しい時間はあっという間、さて荷物係の僕と鬼頭さんは大童の時間。
玄関前に荷物を集めバスを待機。
泥酔のため怒号飛び交う人たちも。
こちらは仕事をさくさく。

何とか乗り込み、一路ケルン空港へ3時間。
これから始まる珍道中は続く。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。