チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年05月03日

ポスキアーヴォにて渋さワークショップ1

少しだけお酒の香り残る朝。
部屋でハプニングの片付け。
大笑い。

やはり朝ご飯は10時に食堂で。
昨日とほぼ一緒、ただ卵焼き追加。
まず卵の味が抜群に良い、その上、極上のチーズ混入。
そしてコミュニティハウス在住のPA田中さん渾身の作の
カルボナーラを鍋ごと頂いたものをシスターに温め直してもらった。
これもアクセントで相変わらず食欲は進む。

映画館のドアに 通路 onバリトン ポスっ子たちとエンヤトット ぼよよーん まりちゃんと子供 まわるまわるよ そのころステージでは にっこりさんたち 青健タペストリー
ちょと疲れ残るなあ、
部屋で少しゆっくりしようかと、
ラサーン伝記を読みながらごろごろしていたら
表から最高にファンキーなトロンボーンの音が。
アーケストラの老プレイヤーの一人演奏。
最高!
ラサーンの音楽に対する熱い思いも感じいてもたってもいられない、
そのまま出かける準備をして表へ。

小雨が降っている、
雨宿りしながらロングトーン。
すぐに雨はやんだ、またしても循環グルーブソロ。
そしてまたしても浜田真理子さんの歌をチューバで。
今日はCDウォークマンを聞きながらやってみた。
やはり驚くほどニュアンスが繊細で正確。すごい。
歌聞きながらあわせて一緒に吹くなんて、何年ぶりか。
学ぶところは大きい。

あっという間に1時間、そろそろ集合時間。
修道院組と揃って駅前映画館RIOへ。

さすが映画館、スクリーンが大きい。
映像班の本領発揮。
この日は近所の小中学生(このあたりは9年制)が集まって
渋さ知らズワークショップ。

積極的にこちらから交流を持つように、
全体演奏を最初と最後でチビズ選抜などしたり練り歩きしたり、
という打ち合わせ。

蓋を開けてみれば全部全体演奏。
なぜかといえば子供たちのノリノリ!!
エンヤトット、踊る歌う、輪になって列車のようにグルグルまわる、
踊る踊る、叫ぶ、パーカッション叩き鳴らし、舞踏に驚き一緒になり、
とんでもないパワー!

僕的には本当に久しぶりのホーン隊。
不破さんがエレキベースを弾いているのだ、久々に。
なんだかすごく盛り上がってきた。
なにせ歌いたいのだ、大きな声を出して。
思う存分に歌う。
踊り、子供たちの中に乱入してでっかい音で驚かせ、
舞踏の真似動きして、僕らにもとても楽しいワークショップ。
頂くもの多し。

終わったら汗びちょびちょ。
外は涼しいのに室内は結構蒸した。
終わった後の充実感も格別。
皆万面の笑み。

ミーティングの後に解散。
修道院戻り、今日から使えるようになったという洗濯機とキッチンを見に行く。
洗濯機、日本のものと違い使い方はウォルティがレクチャー。
キッチン、これが凄過ぎた!
もうプロ使用のような、キッチンというより厨房と呼びたい。
薪レンジがあるんですよ、ロボットのような全自動皿洗い機。
巨大なローストビーフがホールのローストチキンも余裕なオーブンレンジも。
食器も調理器も破格。調味料も。
信じれん。
鬼頭さんと驚愕。
ここまで大掛かりだと使うのに考えてしまう。

まあ使える時に有志で使いましょうと話。
その後、僕は厨房の横についている
といっても良いような(それだけ厨房が立派なのだ)
ダイニングでPC作業。

修道院を出てネット出来るカフェへ。
噂がまわり結構渋さのみんながいる。
たまに接続が切れちゃう模様。

ここからはシャカリキにブログの更新。
見てくれることを希望。
このカフェでジェラートとポスキアーヴォ名物の胡桃ケーキを頂く。
これがうんまい!
ケーキは甘すぎなく僕好み。
ジェラートは勿論ここ名産の卵と胡桃の2種。
驚きのうまさ。
ジェラートを作っているおじさんも誇らしげ。

ご飯食べるタイミング忘れ、遅くに鬼頭さんお勧めのお店へ。
一癖あるぞ、と一言つけたし。
オーダー、何回言ってもなかなかとってくれない。
なんでやねん!
周りにはフェススタッフやマーシャルアレンらサンラ・アーケストラの面々。
やっとの思いでお勧めどおりの馬のステーキ、付け合せはタリアテッレ(平麺パスタ)頼む。
そんなにかかんないじゃん、すぐ来る。

おい!!!!!!!
きてみたらマカロニじゃんか!!
まったくもう、しょうがないなあ、とまずはマカロニから。
???????????
異常にしょっぱい…。
もういいです。

馬ステーキはうまいです。
でもこれは馬の勝利って感じ。
マカロニはほとんど食べれませんでした。

店の外は雨。
テンチョ(簡易テントになるポンチョ)持ってて良かった。
雨宿りにバーへ。
地元の酔っ払いがいっぱい。
泥酔者の世界は共通らしい。
何度自己紹介したことか。
同じ人に。
それが縁縁繰り返される、人懐っこさ。
気の良い田舎の酔っ払い。
同じ物言いを繰り返すようにわんこそば状態で奢られる赤ワインですっかり
こちらも酔っ払い。

店の外を出ると
雨上がりの夜空に満天の星。
何一つ写真に残せない、美しい深夜の光景。


posted by daysuke at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
彩の大学時代の友達、オオモリといいます。2年前、彩と一緒にポスキアーヴォに行きました。彩の「サン・ラを撮ろう!」のひと言に乗っかって(笑)。毎回、記事と写真を楽しみに見ています。
自然の風景、町並み、音楽、人、食べもの、うーん、いいなぁ。彩によろしく伝えて下さい。お願いします。
Posted by tomi大森 at 2005年05月07日 17:09
どうも今日は、高岡です
ポスキアーヴォ、最高ですね!
あきあやはパスポート期限が旅中に切れるので(!)
今朝一足先にドイツへ行きました。
(ドイツだと滞在中に更新できるそうです)

明日にはまたすぐ再開する予定なので
必ず伝えますよ。
Posted by daysuke at 2005年05月08日 23:05
ありがとうございます。ツアーは長丁場のようなので、高岡さんも体調にはくれぐれもお気をつけて!
Posted by tomi大森 at 2005年05月10日 14:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。