チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年07月24日

単音系@経堂マレット

単音系:ボンバードラミvo,p辰巳光英(tp)高岡(tuba)
この日は久々の単音系。
一度に一つの音しか出ない三人で音を重ね、と言っているけど僕は裏技多様で一度にいくつも音出すし、ボンバーはピアノ弾くしで
全然「単音」じゃない。
しかも辰巳さんのHPでは「短音系」になってるし〜。めちゃくちゃ。
夕方早めにボンバーと経堂集合、辰巳さんは急に入った録音仕事で遅刻。
月末に低音環境で閉店ライブをする630にたちより、軒先で簡単にリハ。
ボンバーの歌声が路上に響く。
辰巳さんと合流してマレットへ。
この店は経堂系というサークルと共同企画でライブして以来のお付き合い。感じのよい喫茶店兼バー。
沢山あるボンバーの曲をリハ。
本番30分前に何とか収めて客を待つ。
ボンバーはいつまでもああでもないこうでもない、とピアノを触りながらアレンジしている。
僕は客入りのときに音がしているのがあんまり好きではない。
だが、それより困ったのは客が全然来ない。
マレットはマスターもいい人で雰囲気もよく、なるべくうまくやりたいと思っているので、だが、開始8時頃になってもちらほら、のちら、くらい。
冷や汗が出、司会が15度くらいに狭まり、2分に一言くらいしか声が出なくなる。
20分も押した頃だろうか、どーっとやってくる客。うわ〜。
現金に元気になるメンバー。
開始。
開始前の緊張感からか、サウンドの方も緊張感溢れる。
先がどうなるかまったく分からない曲。不安定さを当然のごとく受け入れるリスキーなボンバー。
ほぼ全曲が打ち合わせ、既成と違う。
それだけに音出しは丁寧になる。
探る不快さとは違い、自分の音には責任が重くなる。
これが単音系のよいところ。
ボンバーの圧倒的な声量、やはりマイクなしでも大丈夫、それ以上に僕と辰巳さんの背中にボンバーの声が圧力を持ってのしかかる。
終わってみればとてもよいライブ。

しかしヒヤヒヤしたなあ。
客がいない、ということは世界にとっては必要のないということのように感じてしまう。
お店にも共演ミュージシャンにも悪い。
こんな思いをしなくてもよいように、なんとか頑張らなくては。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380221
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。