チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年05月19日

小沢あきオーケストラ@三軒茶屋グレープフルーツムーン

小沢あきオーケストラ:小沢あきg 辰巳光英tp 忍田耕一tb 高岡大祐tuba 
ボンバードラミvo 永田雅代key 西村直樹b


起きると少し二日酔い気味。
お通じが異常に良いのが体が正直に答える帰国の証か?
別名 トイレットペーパーイーター 高岡

相変わらず電話不通。
参ったなあ。
無線LAN探すのか。

昼間は銀行郵便局、そして公衆電話探し。
どれもうまく見つからない、チューバもって歩いていて、快晴。
久しぶりに思い出した。そうだった。
汗みずくで呪いの言葉を吐く、チューバ吹き。

にしやん@グレフル
一体どれだけからだから汗が出るのか、と思うほど
気がつけばお昼時。
金欠に半ばやけくそ、涼しげな蕎麦屋に入り親子丼に冷掛蕎麦。
そんで後はビール。

大瓶、んまい。
ちくしょう。
親子丼、卵かたい。蕎麦、情けない。
そして漬物、化学の勝利。
欧州に行って食事があうのはあからさまな
化学調味料の味に会わずにすむからだろうか?
煙草の煙のように舌をさす いがらっぽさ。
それでも空腹男は平らげた。高いもん。

飲んだビールをすぐ汗に変えながら新宿へ。
またしてもヨドバシカメラで無線LAN。
このシステム、超貧乏人でも高速ネットが出来る、いいと思う。

そこから三軒茶屋へ向かう。
新宿の人ごみ、きつし。

グレープフルーツムーン、駅から遠し。
今日は小沢あきオーケストラ。
久しぶりの面々と挨拶。
近況を報告、主に馬鹿話のみ。
今日は対バン2つあり。

サウンドチェックとリハを駆け足。
今回のために小沢さんが用意した新曲ではボンバーが
シリアスなのと馬鹿馬鹿しい新聞記事を交互にアナウンスするという企画あり。
ボンバー、悩む。

合間には駅前キャロットタワーへ。
ここでまたメールチェック。えらいこと、安い。

駆け足で戻る中、閉店間際の魚屋が
「今なら刺身300円」通り過ぎてからだいぶ引き戻した。
洋行帰りにそりゃ卑怯。
なんと関鯖、300円。醤油つけてくれた。
サバ、大好きなんです。

店に戻ると上々台風の紅龍さんがいた。お久です。
最初のバンドは曲がいろいろ雑多で面白そう。
漏れ出る音を聞いて楽屋。
辰巳さん囲んで馬鹿話。

2番手は僕ら。
お客さんは満杯、明らかに目当て外。
久々に「何あの楽器?」てな視線。

いきなり問題の新曲から。
お客さん、妻鹿店。
リズムのはっきりした曲にも固さ残る客席。
目当て以外のバンドには耳は開かれない?
それとも俺ら、悪い?
難しいなあ。

耳飢えの貪欲さはがつがつと
喰らうように音楽を貪るというのだが。

もうこうなったら(いつもだが)
好きなように好きな音攻撃だ。
僕のチューバは口唇と口腔のノイズを増幅するメガフォン。

終了後、ピアノ永田さんが
「なにやってるのよお」と面白がってくれた。
「引き出しがなければ、引き出しを作ってしまえばよい、という大工精神」
とある場で、感想を持たれた僕の各種音。
出したいのです。音が。
ありがとうございます。

3番目のバンド、少し覗いたり。
日本音楽。多分このバンドが一番人気。

なんかメンバーは三々五々消えていく。
お足は期待できないから。残念。

なんか寂しい帰り道。
親友夫婦を呼び出して無理からにお帰り会。
平日だというのに遅くまで付き合ってくれる堅気の彼ら。
泊まり先に押しかけさせて土産のウォッカのませた挙句
「てめえら、帰りやがれ」って優しく背を押す。
そうしないと帰らない、僕の優しい友人たち。

ご迷惑をおかけしました。が。
ふらんふらんで気持ちが良い。
おやすみです。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。