チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年05月21日

渋さ知らズオーケストラ@立川

渋さ知らズオーケストラ

なんか連日の見すぎだ。
いや、飲みすぎだ。
というか日本の酒、体にあわなくなってきている?

ヨーロッパではビールと赤ワインばかりなので
帰国後は焼酎と酎ハイにシフト。
そしたら 胃もたれ 多し
体質 もうすでにヨーロッパか?

おりょ 闇夜にp@ ハンブロウ ドラp
相変わらず睡眠は旅中の半分以下。
国内不健康。

今日は渋さ知らズ、立川昭和記念公園で
やまかわそらうみ(だったっけ)フェスティバル。
入り時間は遅し、でもまあ早めに入る。

辰巳さんと常連松尾さんと。
立川駅からの道程、疑うほど遠し。
やっと到着。どうやら遠回りしたらしい。

そろそろ日暮れも近く肌寒い。
くさっぱらの中にテントが建っている。
大在の人が座ったり踊ったり思い思い。
なんだか70年代の映像思い出す。

楽屋テントに荷物を置いてふらふらと。
友人たちに挨拶。

いまやっているのはつの犬さん参加のKINGのようだ。
5年位前に何故かリハを見たことのあるバンド。

不破さんから伝令あり、今日はベース担当だと。
あいにくblowbassセットを持っていない、
不破さんのベースのセットをお借りすることに。

次のバンドはソウルフラワーモノノケサミット。
上野に続いて樋野さんに再会。

その後は渋さ。
セッティングは嵐。田中さんもいないし時間もない。
不破さんのベースヘッドアンプとスピーカー、はじめて使う。
調整は不破さん任せ、マイクは普通の58を借りて突っ込む。
柔らかくてパワーのある音。
さすがコントラバス用だ。不破さんもにっこり。

当初30分の予定だったというライブは主催のOKもあって
1時間に延長。
肌寒さの成果僕は汗かかず、頭は冴えてくるばかり。
みんなが逆行の中、浮かんでくる照明具合。
不破さんのドラ乱打が印象的。
またしても僕のどソロ。
大勢の客、何が起こったか分からないような顔で口あんぐり。
最後は本邦初公開の真理ちゃんの「ひこうき」。
なんだかばっちりだ。

終演後はそこらで乾杯。
なんでか余り呑む気もせず、人に杯を進めるばかり。
写真とってくれてる西岡さんにロシアポスターを進呈。
「俺の写真やあ〜!」と大感激。
良かった良かった。


posted by daysuke at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昼ごはんに食べている他人の作った野菜の天麩羅 は美味い、、、と振っておいて、実は佐藤帆を10ヶ月も体内に拉致していた人間です。

息子も私も高岡さんの音楽への熱さに感動しています!遠く離れた異国の土地の情報高岡さんのプログが 頼りです。

ふつつかな母と息子を平にご容赦を。いつか静岡の極悪非道な食べ物を一緒に体験しましょうね。

Posted by 猫の手 at 2005年05月27日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。