チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年07月30日

渋さチビズ@市川りぶる

チビズ:昨夜とまったく同じ編成。
昨日の苦戦から一夜あけて、古巣(でもないか)のりぶる。
やってみればやはり昨日とは発想が違う。
やっぱ響きがあるほうが良いよなあ〜。
辰巳さんと話してたけど、「金管楽器は(特に)音を出すことだけに8割くらい意識を使う」ということ。
その通りだと思う。だから出る音ばかりに集中しないといけなくなると演奏まで力がまわらないのかな。
そういう意味では昨日よりまわった。
でももう少しまわしたいなあ。
でかい音も出るけど、実はちっこい音のほうが演奏良かったりするのですよ。
渋さ知らズオーケストラしか聴いたことない人は信じられないだろうけど。
でっかい音はあれはあれで楽しい。
お客さんも喜ぶしね。
しかしジャズっぽいのって難しいなあ。
最近月曜のセッション以来考え事多し。馬鹿なのに。
posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392086
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。