チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年05月26日

奇妙なオフの日、出発前夜

基本的にライブのない日には日記は書かないのだが、少しおかしい日だったので。
起きるとさすがにしんどい。深酒の罰てきめん。

朝一に昨日の録音を聞いてみる。
3曲目に例の曲。
まだ残っている酒のせいか、あるいは感動体質が抜けないのか
朝からダダ泣き。アホか俺。


へんなの
大量の洗濯物を畳んでパッキングも並行開始。
ポスキアーヴォでコーネリアに貰ったUNCOOLフェスTシャツの金ラメ、
全ハゲ。洗ったもの全部が金ラメになる。
面白いのでそのままにする。

パッキングはなかなかうまくいかない。
冬物を持っていかなくてすむから楽なはずなのに。
少々調味料を追加。うちにある精鋭、煮干椎茸昆布の混合粉に鰹粉ブレンド。
乾燥ニンニク、鷹の爪、スイスで買ったオーガニックのローリエ。

合間に料理、どこぞやで教えてもらったトマトステーキに挑戦。
オリーブオイルににんにく香りつけて鷹の爪でアーリオーリオ、
分厚く切ったトマトを両面こんがり、最後にニョクマムをどばっと。
焼き方以外ははオリジナルレシピ。
白飯とあおさとおじゃがの味噌汁。

トマトステーキは大成功、こんなに白飯にあうトマト料理はない。
最後はたまらずぶっ掛けてトマトステーキ丼。
うんまい。
しかし時間のないこのときになにしとんねん、俺。

パッキングと片付けと野合間にはネットとか。
7月から何もライブがない、ブッキングしなさ過ぎでいろいろと連絡。
遅いかな、ヨーロッパのメール事情、どうだろう。

夕方から買い物へ。
会っちゃこっちゃにとんで行くのだがなかなかうまくいかない。
日本橋へ、電脳街でちょいちょい。
予想外の買い物もしてしまう。
そして百円ショップ。
本当に旅モノには便利なダイソー。

思いついて酒屋へ。
昨日の礼だ、ヴァンパイヤに赤ワインを持っていこう。
安売り酒屋に一本だけあったフルボディを。

さて僕は彼の家に行ったことがない。
ど近所なのに。
噂では屋上の小屋に住んでるとか。
大体の見当はついているのでアパートの上へ。
そこには小屋が。

・・・・・・・・。
とてもではないが人が住める様なスペースではない。
大型犬がせいぜい、の小屋。
震える手で一応ノックをする。
・・・・・・・・。
無反応。
恐る恐るドアを開けると、無人。
そりゃそうだ、ああ吃驚した。

どうやらその隣の屋上に面した唯一の部屋らしい。
確かにベランダにはなにやら楽しげなよしずの被いが。
これが噂の「コズミック茶の間」か。

とりあえず見当つけてドアノブに赤ワイン引っさげる。
せめてもの礼。
今度は一緒に飲もうと。

急ぎ家に帰り、パッキングの途中を続ける。
しかしここの所忙しいのと酔っ払って寝てるので風呂に三日も入っていない。
(わりには臭わない、意外でしょ)
早く入りたいのだがなかなか入れない。

さあ入ろうと思ったのは家を出る予定時間1時間前、
ところがここで買い物忘れに気がつく。
変圧器。
第1弾では小森さんに借りていたが、さすがに第2弾、
blowbassセットを使うのに借りてばかりもいられない、と
そこから近所のドンキホーテへ。家から5分、助かる。

どれにして良いものか、全然分からない。
慌てて家に戻りアダプター片手に軽薄な店員に聞いてゲット。
ついでに面白い意匠のランプもかっちった。

猛スピードで戻り、家に飛び込み、さあシャワーだ。
あれ…。髭剃りがない…。
ぎゃああ、こんな髭面で海外にいけるかああああ。
パッキングを解くが見当たらない。
うおおお、とフルチンで探しまくっていたらサブザックからポロリと。
助かった、慌ててシャワーへ。

頭冷やすので水もかぶって用意して
いざ深夜バスに乗るために難波O-CATへ。
何とか間に合った汗だく。
意味ないじゃん。
でも良かった。
なんとか落ち着いてぐー。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。