チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2004年08月07日

くらげあし@祖師谷大倉ムリウイ

くらげあし キリ(accord)高岡(tuba)
この日は初めての場所ムリウイ。渋さに入って1年位してよく遊びにきていた祖師谷はその頃リマさんが住んでいてよくお世話になり、
久しぶりで楽しい。
ムリウイは商店街にあるお店、雰囲気もう最高!
ムリウイ

キリさんとは阿佐ヶ谷のライブで知り合い、今回のライブの運びに。
僕はアコーディオンという楽器が好きだ。
音色は勿論、近代家内手工業の粋と言われるその機構、何より1台で全てを賄おうという精神が好きだ。
僕もよくチューバをアコーディオンのように演奏したいと思う。
午後はみっちりと練習。
最近くらげあしというバンドをバンド形態から解放しセッションをするようになったと言うキリさんのオリジナル曲をやる。
しかしムリウイ、都内のエアポケットのような店内に風が吹き抜けるのが象徴しているようなこの雰囲気。大好きだ。
さてライブ、窓を閉めたので風は止まる。
結構リハを重ねているのだが、本番の調子は明らかに練習以下。
キリさんがあがっているのもあるがライブ中のコミュニケーションが取れない。
そのことは最初から最後まで続いた。
演奏がうまくいかない、なんていうのは問題ではない。
僕は演奏中に、他にない瞬間を求めている。どうなるか分からない一瞬が現れてそれまでの全てを変えてしまうような。
そのためには一緒にいる人間はそれを感じるために最大限気を配らないと。
それはライブの音を変化させることが出来る。もしかしたら他のどこにもない世界が現れる。
この会ではそれはなかった、残念。
キリさんが緊張しすぎて気が回らなかったこと、それを演奏で帰ることのできなかった僕、が原因だ。
まだまだやることはいっぱい。

posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431719
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。