チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年06月13日

cherknoからウィーンに移動

昨日早めに就寝したのでなかなか心地よい目覚め。
ただ、どうやらスロベニアワインは口には合うが胃にあんまりあわないようだ。
少し胃が重い。

野戦ベッドの片付けやパッキングなど、
済ましてから朝食へ。
ここで問題が。
オーガナイザー・ボッシュ曰くここから歩いて10分とか…。
この人数で歩くともっとかかるだろう、そりゃ困る。
交渉して車を出して貰うことに。

怪我鬼 国境土下座鬼 治療鬼同士 へたり込み鬼 変な国境 乾け 少女ABT 再びへたり鬼 多分嘘星
車に乗るとこれがまたスリリング。
昔やったゲーセンのカーゲームみたい。
なむさん。

行程で分かるが徒歩10分、絶対無理。
走っても無理。

みんな続々車でご来場。
小川沿いのレストランは白馬が2頭(写真失念)。

がやがやと入場するとにこにこ髭おじさんがなにやらグラスをくれる、
なんだろなあ、ぐわ、グラッパだ。
朝一でこんなもんのめるかあ!
さすがcherkno。

テーブル一杯にハムやパン。
全部ここのレストラン自家製だとか。
保存料など使わないのだろう、塩強め。
ここらのハムは本当に野趣横溢、うまい。

しかしさすがスロベニア、食いきれねえ!
お弁当つくりに勤しんでいたらお店側が容器やホイルをくれる。
ありがてえ。

急いで戻って積み込み、出発。
段々天気も良くなってきた。

オーストリアとの国境の店前で休憩。
皆思い思いの買い物。
さすが国境、ぼったくり。

ゴミ箱の上に座っていた鬼頭さんがゴミ箱ごとひっくり返って
後頭部を痛打。
見た目に痛々しいスロベニアン・バックドロップ。
でも物凄いゆっくり。
心配より先に笑ってしまうかっこ悪さ。
しかし、鬼頭さん、普段からしょうもない怪我、しすぎ。
勿論土下座。

しかしここの国境、何かが変だった。
他の休憩箇所、黙々とブランコに乗る我らが舞台監督、
弱ってへたり続ける鬼。

ウィーンまでは何時間だっけ、7時間くらいかな、夕方には到着。
入り口を見るとなんと星が4つ。
苦節32年、ここまで来たか…。涙。

狭い路地にバスを止め積み込み。
部屋はまたしても禁煙組のため、北さん磯部さん僕。
しかし搬入あたりからこの4つ星は怪しいと思い始め。
ホテルはともかく客層がどうも4つ星には見えない。
というかぼくらがいるのがそもそもおかしい。
多分鉄板、嘘。

同室の人たちは小沢征二ウィーンフィル・プッチーニのマノンレスコー
を慌てて見に行くとか。
僕はのんびりしようと、ごろんとしてからロビーに、
無線LAN万歳ホテル。

夜御飯は会食したいなあ、と集まって夕食へ。
すぐ近所に中華があるもそれは安易、うろうろと探す。
あれこれみて、英語メニューあるよ、と声をかけられた感じの良いお店に。

入ってみると食堂っぽい、これは良い予感。
観光地の中の地元民のための店っぽい。
メニューも豊富。

あれこれみんなで悩んでシェアしようと。
スープ2種、付け添えにサラダたくさん、パセリ和えポテト、
ウィンナーシュニッツェル種、グラーシュ、僕のオーダーはコルドンブルー。
何か分からなかったから。他にパンとか米とか。

ビールとワインで乾杯。
スープ、バターパールというのはまるでてんかすのようなものがぎっしり、
そしてもう1種、パンケーキストライプスープは美味しんぼで出てきたやつだ!!!
おチヨが倒れた時に山岡士郎が作るの失敗、雄山の手引きで栗田さんが作ったやつ!
おう、興奮。これが本当にうまいのだ。うれしい。
ポテト大好きなのでこちらに来ると楽しいですよ、甘くてねっとり。
グラーシュはよくこちらで食べるスープ、と思いきや牛肉ゴロゴロのご馳走になってた。
シュニッツェルはこちらの名物料理、薄い衣で揚げたターキーとポーク2種。
塩味でレモン絞って食う、くうううう。
コルドンブルーは似た物にチーズが挟んであるのね、ターキーにして正解うまい。

店員がなにかと世話焼き、とんでもない早口で話し掛けてきておかしい。
よく見渡せばここにはミュージシャン、僕しかいない。
なんか変な心地のよさ。
音楽の話もダンスの話も弾む踊る。

ほろ酔い、気分よし。
この店にきてよかった。
ぺろさや、そしてちえはタンゴナイトに行くとか、おめかしさん。
残った僕らはホテルへ。
途中色っぽいお姉さんがぎっちょり詰まった店発見。
凄い目で見られるも、寄らず。

ホテル入ったら後はしこしこPC作業。
ロビーは秋葉原、ワイン飲みつつ。
そこそこで就寝。
ぐー。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。