チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年06月14日

渋さ知らズライブ@ウィーン・szene

朝食の時間ギリギリまで寝転ぶ。
同室の磯部さんはどうやら早くから一人観光に出かけた模様。
ウィーン大好き、らしい。

ここの朝食はなかなかいい感じ。
スクランブルエッグが嬉しい。

ウィーンのポスター チューバに水遣り 日干しチューバ 夕食風景 中庭万歳 P1010588.JPG P1010589.JPG P1010592.JPG P1010599.JPG P1010604.JPG P1010607.JPG
ネットしたりして過ごし昼集合。
バスに搬入し今日の会場であるszeneに移動。

町を流して到着、ここは5年ぶりだ。
入り時間が激早のため5時50分まで自由時間。
見所満載の観光都市ウィーン、皆ばらけて観光へ。
僕はなんとなく観光しそびれていて、もういいやこのままで、
とここ名物の中庭で日向ぼっこ。

それにしても時間がありすぎる、
天気もピーカン、思い切って旅中初のチューバ丸洗いに挑戦。
金管楽器はメンテさえすれば水洗い可なのだ。
ピストンと抜き差し管を外れるだけ外して水道水をぶち込む。

残ったメンバーが物珍しそうに見ている、
よければ、とホースを渡して水をかけさせてあげる。

水を抜いて乾拭きして、オイルさしてテーブルの上でこいつも
日向ぼっこさせる。

すぐ乾いたので吹いてみる。
やはり抜けが良くなっていいもんだ。
気持ちが良い。

それでも時間はあまりに余る。
ケータリングをつまんだりビールをちびちびやったり。
大通りまで一人で出てぶらぶら散歩。
スーパーで備蓄食料の買出し。

戻ってチェック。
久しぶりの室内ワンマン。
僕のすぐ隣には安部田さんが絵描き。
この箱、猛烈に暑いのに何故かエアコンがない。
猛暑の予感。

チェック後は中庭にて夕食。
白米にサラダ、チキンの煮込みは生姜が利いている、モヤシ炒めも嬉しい。
そういえば前回は親子丼が出たんだっけ。

客入れするとみんな中庭にやってくる。
風が気持ちよい。
久しぶりに2月からウィーン在住の内橋さん家族と再会。
カノンちゃん、ミニ内橋さんって感じにそっくりになってきた。
元気そうで何より。

本番開始は中庭の練り歩きから、ほとんどの客がここにいる模様。
ひとしきり歩いて室内へ。
まだあんまり人いないじゃないか、入ってこーい。
入れば満員。

もう始まった時から暑い暑い。
すぐにびしょ濡れになってしまう。
目に流れ込む汗が邪魔。
ここでの龍とまゆみの舞は見事。

2時間半以上の熱演。
仙頭も練り歩きのステキチもやって終了、のつもりが
それでもアンコールですか、客もタフだ。
火男。
さらにステキチで終了。
もうびっちゃびちゃ。

客もメンバーも入り乱れて中庭で乾杯。
半ばやけくそにチューバ洗った水道で頭から水をかぶる。
体を念入りに拭いて足を洗って着替え。
この後は車中泊なので用意は万端。

じっくり歓談のあとハケ、その前に
サンドイッチ弁当つくりを忘れずに。
内橋ファミリーにお別れの挨拶、
次はポーランドで再開。
バスに搬入乗り込み、ここから17時間予定のバスの旅。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。