チューバ吹きの旅・ライブの予定は こちらからどうぞ 写真はクリックで拡大できます !

2005年06月20日

第2弾旅・帰国の日

いよいよ帰国の朝。
さすがに疲れがひどいのか、皆起きて来るわけではない。
今朝も快晴、池を見ながら朝食、いつもより多めの弁当作成。

朝9時出発、ピーター運転のバスの旅もこれで最後か。
ドイツにこの後残るもの、旅を続けるものも結構いる、
ここで別れの挨拶。
(昨夜遅くに出発したものもあり)
フランクフルト空港までは30分くらいか。

ピーター おーいアリタリア 悪魔のカウンター ロシア組とお別れ P1010781.JPG アルプス一万弱 ミラノんのん しもお買い上げ レゴーポッター
空港に着いたらいよいよピーターとお別れ。
急ブレーキとびっくりするくらいの馬鹿笑いが玉に瑕だけど
この陽気な運ちゃんは本当によくしてくれた。
彼のお別れの挨拶は真心がこもっていたと思う。
ありがとう、ピーター。

さあてチェックイン、アリタリア航空、よろしくね。
…。

ええと、チェックインカウンターのPCが全部ダウン。
遅遅として進まない作業。
というか作業しないイタリア人。

駄目だったら手書きでチェックしてくれよお。
昔はそうだったんだからさ。
ぴくりとも動かないイタリア人。
ドイツの空港でイタリアの航空会社のカウンターで
日本人がどうにもならない状況。
これは…負け犬三国同盟復活か。
よく見ればカウンターの番号は666。
黙示録・獣の数字。
よく出来た話。

手間取っている間に後発合流組はアエロフロートでモスクワ経由なので
ここでもお別れの挨拶。

怒るのを通り越して笑ってしまう。
(勿論怒っているのだが)
ボーディングタイムになってなんとかチェックイン出来た。
とりあえず急いで乗り込みに。

これがまた荷物検査だけしっかりしてるんだ、アリタリア。
遅い。
しかも荷物検査後、トイレなし。
どうなってるの?

まずはミラノまで出発。
中で出てくる軽食がまずいのは予想していたので
自分のお弁当を食べる。
ドイツのパンは最高である。

なんか知らないけどやたらに早くついた気がする。
ここでの乗り換え時間もそんなにない、
買い物とかなにもせず、レゴで出来たハリーポッターに遭遇して
そのまま通過、搭乗口へ。

ちょっと時間があるので持ち込み酒を分けて貰ったりしてたら、
もうすぐに時間。
さすがにミラノ発成田行き、日本人多い。

僕の両隣はイタリアン男女。
最初の機内食はこれまたやはり豪華、予想通り。
イタリアンと和食が選べる、もちイタリアン。
牛肉の煮込み、餃子のようなパスタ、サーモンサラダ、チーズなど。

席には一つずつビデオモニターがついていて映画鑑賞とかゲームとか出来るらしい。
試したが不調なのでほかる。

後は読書とCD鑑賞、ひたすら何も考えないで寝る。
きたときに比べてあっという間についた気がするのは
多分、長いバスの移動になれたからだろうな。

成田に到着、楽器がなかなか出てこなくて心配、
でも開けてみれば無事。ラッキー。
一番遅く出てきたのでもういない人たちもいる。
いる人にはお別れと再会の挨拶を。

そこらでネット、一人で外食(これも久々)。
友人宅にお世話になることになり、そちらへ向かう。
思い出せばこの友人と彼の家の近所で粗相をして1年。
また同じよう場所で飲みまくってやンの。
連れて貰ったお店最高。
口芸人seoniousもおっつけ参加で夜は更ける。


posted by daysuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。